ハワイ不動産2021年7月のデータから見える押さえておくべきポイント

2021年7月の不動産マーケットについて


2021年に入り一気に情勢が変わったハワイ不動産マーケットです。


毎月の様に
史上最高!

という文字が様々なメディアに躍り、先月も引き続き同様の動きです。
表向きは、「ハワイは好調なんだ」「価格が高くなったな」と印象を受けると思います。

そんな好調なハワイ不動産マーケットを解説していきます。

中間価格の動きに注目

成約取引中間値は、史上最高の $992,500 にまで達しました。

取引件数については昨年に比べて11.9%UPです。

現在、マーケットには流通在庫も少ない事
低金利を利用して購入バイヤーはまだ減少しない

等あり、
しばらくはこの傾向が続くと思われます。

この様なデータを見るときに注意をしたいのが
一般的バイヤーの存在です。

自宅ニーズと投資家目線

ハワイの一般的な家庭
例えば家族3〜4名で、給与所得者の世帯は多いと思います。

一般的な給与所得者が
1億円もするような家を買っているのか?

そういう事ではありません。

一般的な世帯年収が
600〜1000万円の場合

金融機関から借りられるローン額は、
3000万円〜5000万円程度です。

頭金を入れて購入する場合、購入価額は
市場価格で、40万ドル〜60万ドルの物件になります。

史上最高値更新!

というニュースは目立ちますが
高額物件だけ売れている訳ではありません。

一派的な世帯が、自宅として購入するニーズが高く
40万〜60万ドル前後の物件が
最も流動性が高いのが現状です。

所謂、実需というニーズです。

一方、投資家目線として考えた場合
流動性の高いこのレンジは
出口リスクも少ないと言え、

投資物件候補として狙いたくなります。

しかし、流通市場には流通在庫が少ない中、

実需で買う人
投資で買う人が

市場に出て来た、「良い物件」を、競合しあいます。

その中で、今強いのは
多少高くても購入する地元の<実需バイヤー>です。

投資目線のバイヤーは少しでも安く買いたいと思うのが当然ですが

実需の場合は
今買わないと・・・買えなくなるかも?
金利が上がるかも? と

多少強気にオファーも入れる傾向があります。

となると、投資目線で言えば、良い条件で買える機会は
昨年に比べると厳しくなっていると言えます。


インフレと購入タイミング

では

今は見送った方が良いのか?

と言うと、そうとも言い切れません。

米国のインフレは日本以上に高く
インフレが進めば賃料も上昇します。

昨年より、少し価格が高くなっていたとしても(そもそも昨年が安かった)
今、買っておけば、インフレの進行と共に、収支もその内、見合ってくるでしょう。

そして仮に、インフレが進むのであれば・・・

これが前提であるのなら
ローンを利用した購入というのも面白い選択肢となります。

今後もこの40万ドル前後の物件はどの様な時代になっても流動性が
落ちる可能性は少ないので、Afterコロナを見据えた長期投資として
チェックをしておくのも良いと思います。



ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.net

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧