徹底解説!ハワイ不動産投資の基本ガイド|2000万円台からのハワイ投資

ハワイ物件購入には目的とご予算で狙うべきエリアと物件種別は異なります

目次|Contents

ハワイイメージ

ハワイで理想の物件を探す場合にはまずは、ハワイ不動産に関するマーケット情報やエリア毎の物件情報の収集から始めましょう。

と具体的な物件情報をご紹介したい所ですが、これからハワイで物件購入を検討される方は、まずやる事として、

おすすめは、目的とご予算の整理です。

理由としては


別荘(自己使用)使用なのか? 
収益不動産(賃貸事業)として所有するのか? 
日本での税効果を享受したいのか?

また、

年間のご使用の日数が1週間程度なのか? 
1ヶ月なのか? 
ESTAで滞在できる目一杯ハワイで過ごしたいのか?

そして、

使っていないその間は人に貸すことを考えているのか? 


貸したい期間、
使いたい期間

に応じても、取得エリア、物件の選定方法が異なります。

そして、
ご予算については、

キャッシュ購入なのか?
ローンのご利用するのか? 


それは

ハワイの金融機関なのか? 
日本の金融機関なのか?

など、ハワイ不動産の情報収集の前に、実は、決めておくべき事柄が沢山あります。

これを決めていないと・・・

ハワイで物件購入しても、想定していた投資結果が得られない!なんて事も充分ありえます。

ハワイ不動産の選び方の基本図

何も決まっていない方向けのフローチャートとなりますが、参考までにご覧ください

効率的なハワイ不動産の情報収集方法

ハワイに不動産を購入する前に、こうした事前整理するための情報収集には、書籍や有益なハワイ不動産情報が載っているハワイ関連サイトを渡り歩くというのも手ですが

ハワイの不動産会社や日本各エリアで開催されている
ハワイ不動産セミナーや、個別相談を通じて効率的にハワイの不動産情報を収集するのがおすすめです。


その為には、


ハワイ不動産に関する基本的なマーケット情報、ハワイ不動産購入時の手続き注意点、お客様のハワイライフのイメージをお聞きしながら
その目的・運用毎に応じたハワイ不動産事例などをご紹介致します。

ハワイ不動産投資への基本的な情報整理にお役立てて頂ける構成になっております。

より具体的なハワイの物件情報を知りたい場合は、<個別相談>にてご対応しております。

お問い合わせはこちらから

ハワイで<良い物件>とはどんな条件か?

良い投資物件とは? これだけだと、かなりアバウトな感じですね

建物クオリティ、建物管理状況、コンドミニアム内のサービス、立地、価格、そのどれもが良い条件である事を
指しているのではなく、(それに超したことはありませんが・・・)

私は、お客様それぞれの「ハワイライフのイメージ」にマッチする物件、そのハワイライフへの投資効果を得られる物件こそ、「良い物件」と定義してます。
予算を超えて、または、予算目一杯にしたから、ここで言う「良い物件」が選べるという事でもありません。

あくまでも、お客様毎に異なる投資の「目的」に対する「投資効果の最大化」の実現

が結果的に、「投資リスク」も少なく、「安心」で「素敵なハワイライフ実現」にもっとも近い方法だと思っています。

ハワイ不動産コンサルティング事例

・初めてのハワイ不動産のご購入
・ご予算は最大で80万ドル。
・お仕事の関係で、別荘での自己使用は年間1〜2回程度。
・1回の滞在では、最長1週間程度
・いつかは別荘として長期滞在したいという

この様なニーズをお持ちでした

ハワイライフとしてはよくあるケースに含まれます。

ハワイ不動産投資について、お客様は当初は、1ベッド〜2ベッドを狙って探し始めました。しかし、ご予算とお部屋の広さがマッチせず、また、維持費や賃貸運用のしやすさなど考えると、購入物件を賃貸に貸し出して賃料収入を維持費に充てようと考えましたが、条件に合う物件で賃貸併用運用では、イメージ通りの効果が得られない・・・こんなお悩みがありました。
(お部屋の賃貸稼働率を上げられない面と、自分で都合良く使うことが出来ないかも知れない面)

そして当社に来てお話をお聞きし出した答えが、

資産分散
安定的な収益

を得つつ、賃貸運用で得られた「ドル」で、好きなホテルを利用しながらハワイを愉しみ、将来日本での生活スタイルが変わるタイミングで不動産売却して、次のステップで「理想の別荘」を取得。

という考えに変わりました。

実際にご購入された物件は、20万ドル台の、貸しやすいワイキキのスタジオユニットを2つご購入頂きました。
複数購入した事で、リスク分散も考慮されてます。

また、ご予算は当初80万ドルでしたが、実は、

「最初は小さい所からやってみたかったので良かった」
「米国の確定申告とか一通り修繕などハワイでの経験を積んで、今後、投資物件を増やして行きたい」
という投資いする不安の解消と、将来のご計画も膨らんだ様です。

<ハワイコンサルティングのポイント>
・複数購入する為に、リスク分散しやすい(空室リスク等)
・当初予算に比べて投資額を抑えられ投資リスクの一部を軽減出来た
・貸しやすいスタジオユニット
・売却の事を考えると売りやすい価格帯
・たまたま空いていたら自分でも使ってみる

このケースは、様々あるハワイコンサルティング事例の一例です。
お客様毎に違う結果にもなると思います。

次のケースでは

・将来自分で使いたい
・今はタイムシェアを所有している
・資産分散に興味がある
・初めてのハワイ不動産投資で不安がある
・ご予算は8000万円以内
・国内不動産経験あり

今は自分では使うのはタイムシェアで充分楽しまれているのですが、将来的にはゆっくりハワイを楽しみたいとお考えの方です。
タイムシェアは、お部屋が広くて綺麗で設備も充実しているので、満足度は高いです。全く同じ広さの物件をワイキキで購入するとなると、かなりの投資額になります。ハワイを安く楽しむという点ではタイムシェアにも利点があります。

複数物件をご覧頂いても・・タイムシェアに比べると、狭い・ロケーションが悪い、古いと修繕費が・・将来はもっと古くなっているし・・・
今よりも購入する利点を見いだせず・・決め手に欠けていたのです。

そこで、新築コンドミニアムをご案内する事になりました。
新築であれば、何よりも、設備は最新のものばかりです。将来的な修繕リスクなども築古の中古に比べると少ない点も大きな利点です。
新築もいくつかご覧頂き、将来性などを考慮して、将来、モノレールが開通する事を想定して駅予定地近くの新築コンドミニアムをお選び頂きました。

※写真は新築コンドミニアムアアリイのショールーム写真



※イメージです

ハワイ不動産の物件事例

実際にどんな物件があるのか知りたいという方向けに、ざっとハワイ不動産投資事例をご紹介します。

まずは、最初のハワイでの不動産投資ですので、投資リスクを下げる一つの方法として「投資額」を低くするという考え方もあります。
という事から、

ハワイ投資の1件目は2000万円〜3000万円の範囲から始められる方も多くいらっしゃいます。

徐々に投資額を増やしていくというパターンです。

では、2000万円台からのハワイ不動産投資事例を見てみましょう。
当ブログではこれまで2000万円台の物件を紹介してきましたが

何度かご紹介している物件の一つが、アラモアナホテルコンドです。



アラモアナホテルコンドと言えば、アラモアナセンターに隣接したロケーションという好立地です。
お部屋の賃貸運営は、ホテルマネジメント会社のアラモアナホテルBYマントラグループが行います。
オーナー様が所有するユニットをマネジメント会社に委託して賃貸運営される、いわゆる「ホテルコンドミニアム」と呼ばれるカテゴリの物件です。
ワイキキ・アラモアナの様な旅行者が多くいる、好ロケーションならではの賃貸運用スタイルと言えます。

ご自身での別荘利用も、もちろん可能です。

最新販売物件はこちら

アラモアナホテルコンドの最新販売物件一覧はこちら

賃貸併用運用がしやすいホテルコンドミニアム

ハワイ滞在は年間で数日しか使わない様な方でも、


・ハワイに別荘を持っていたい
・維持費は極力掛けたくない
・いつ行ってもお部屋は綺麗
・賃貸収入を得たいが長期の空室は避けたい

この様な条件の方には合う不動産種別と言えます。しかし、ホテルマネジメント会社によって集客力や経費の掛かり方が異なりますので、事前にしっかり情報収集をしましょう。
コンドミニアム毎、お部屋タイプ毎に、稼働率・賃料設定の違いによる収益傾向が異なりますので、お気軽にお尋ね下さい。

主要なハワイホテルコンドミニアム物件事例

ハワイのホテルコンドミニアムで代表的な物件をいくつかご紹介します。

ザリッツカールトンレジデンス|最新のホテルコンド・プールなどのアメニティ充実



トランプタワーワイキキ|ワイキキど真ん中のロケーション



アラモアナホテルコンド|アラモアナセンター隣接の大規模コンド



パシフィックモナーク|屋上プールが特徴的なコンド



etc..

その他もございますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

最新販売物件はこちら

リッツカールトンレジデンスワイキキの最新販売物件一覧
トランプタワーワイキキの最新販売物件一覧
アラモアナホテルコンドの最新販売物件一覧
パシフィックモナークの最新販売物件一覧 etc…

お問い合わせはこちらから

ハワイホテルコンドミニアムの弱点!?

ホテルコンドミニアムは賃貸運営はホテルマネジメント行い、短期賃貸を中心として運営する事で、管理の手間を省き、さらにハワイ旅行者に人気の高い場所(物件)であれば、安定した賃貸運用が出来きる為に、初めてのハワイ不動産投資をされる方には人気がございます。

こうしたホテルコンドミニアムでもハワイ不動産投資の第1歩目として見た場合、
稼働率の増減リスクの存在はあります。

稼働率リスクとは言え、通常期であれば、ホテルブランドが無く、マネジメント会社がマーケティングに失敗しない限りは
観光業が好調なハワイでは、1ヶ月もまるまる空いてしまう様な空室リスクは無いのが安心点ですが、テロ・戦争・ウィルス等による渡航制限が起こると弱いです・・

通常期の話に戻しますが、通常期であれば
ハワイオアフ島のホテル稼働率は高い

と言われてますが、
だからと言って、すべてのホテルコンドミニアムが良いという事にはなりません。
アラモアナホテルコンドについては、その立地(アラモアナセンター隣接の好立地)と、利用者(旅行者・ビジネス需要)の多様なニーズがあり、稼働状況は好調です。

しかし、

居住用物件ではないこの様なホテルコンドミニアムの相場(価格)を形成する要素は

ホテル運営による実際のドル収入に応じて価格にて形成されるのが基本です。
これは収益還元法という考えが元になっています。

例えば
その購入した不動産で年間100万円純粋に儲かるというケースで考えて見ます。不動産を購入する費用が、5000万円だった場合、利回りは2%です。8000万円の場合は、1.25%です。利回りを軸にして物件の善し悪しを判断される場合はこの指標を元に物件選びをする事になります。
4000万円なら2.5%となりますので、5000万円に比べたら売れやすくなります。一方、10%は欲しい!と言う場合は、1000万円でその物件を買う事が前提となります。

5つ星・ホテルコンドミニアムの事例



5つ星のラグジュアリーホテルとして有名な、「トランプタワーワイキキ」の場合、トランプホテルはラグジュアリーホテルで1泊あたりの宿泊費も高いです。しかし賃料収入は高くてもマネジメント経費やその他税金等の維持コストも高く、年間を通じて安定的に稼働したとしても・・・最終の収支は決して良いという事にはならない事が多いです。

年々お部屋の宿泊費が上がり、経費が抑えられれば・・・大きなプラスにもなるのですが、現実はそうもいきません。

この様な特殊な物件種別の場合、仮に、周辺の居住用コンドミニアムの不動産相場は上がっている局面でも、それらに釣られて価格上昇は起こりづらいという事になります。

これは同じくラグジュアリーコンドミニアムの代表格である、ザ・リッツカールトン・レジデンスなどにも言えます。

いわゆるキャピタルゲイン狙いの方は、その「期待」とは異なる結果になってしまう可能性も考えて置かねばなりません。
もしも、ホテル宿泊費の上昇、稼働率の上昇が明らかに見込まれているならば

キャピタルゲインの期待値は高いでしょうね

ホテルコンドミニアムは賃料収入があるからと言って、実はどの物件も儲かる(収支がプラス)・・とは言えないのです。よって儲かる不動産だから買うのではなく、自分に都合に合わせて利用が出来き、ついでに収入も得られて、維持の足しに出来る・・・位の感覚が宜しいかと存じます。

ご安心ください。
収益がどうしてもプラスで、別荘としても使いたい・・という方に合う物件もございます。
ただし、その物件がご自身のハワイライフのプラスになるのかどうかは、まずは物件をご覧頂きたいと思います!

最新販売物件はこちら

ザリッツカールトンレジデンスの最新物件情報
トランプタワーワイキキの最新販売物件一覧

キャピタルゲイン向き!?の事例

そもそもの話になりますが、ハワイは「キャピタルゲイン」を積極的に狙う投資先としては、適していないとも言えます。キャピタルゲインは需要と供給の関係では需要が高まる事が必須ですが、そういう面では、メインランド(米国本土)の方が、人口増加の大きいエリアが多くあるので、期待値は高くなります。

とは言え、ハワイでも需要と供給のバランスで言えば、居住用物件への需要は常に高い状態ですので、(ハワイの賃料は全米でも高いエリア)、居住用の物件なら長期保有が前提となりますが、過去の変動を見る限りではキャピタルゲインの期待は決して低くはないと思われます。

居住用としてのコンドミニアムは、

自己の「居住用」として購入需要が高ければ(=人気物件)であれば、
住宅需要が供給を上回れば「価格上昇」が起こりやすいと言えます

住みたい人が多い × 供給数が少ない =価格上昇

ハワイで人気の居住用エリア、または物件では、こうした需給バランスの変化が起きやすいという事になります。

ワイキキエリアの居住用物件をチェック!

ワイキキエリアはリゾートのイメージが強いですが、実際は居住用・賃貸用の物件は数多く存在、また流通しております。
正直選択に迷ってしまう位の物件数が流通していますが

・管理状態
・共有施設の充実度
・賃貸運営のしやすさ
・流動性の高さ
・駐車場有無

を考えると、安心出来る投資に適した物件の選択肢は絞られて来るのです。

いくつか物件事例をみてみましょう。

ワイキキ中心地の定番人気コンドミニアム・アイランドコロニー



まずは、ワイキキエリアのコンドミニアムの内、定番中の定番と言っても過言ではないのが、このアイランドコロニー(island colony)です。
人気の理由は、ワイキキの中心地から数分という立地を挙げる方は多いでしょう。
ワイキキエリアで遊んで食べて、すぐに徒歩で帰れるロケーションというのはやはり魅力と言えましょう。

これに加えて、アイランドコロニーは、共有施設(アメニティ)も充実しています。
プール・フィットネス・バーベキュー・コンビニ・軽いカフェ・ランドリーなどもコンドミニアム棟内にあるので


とにかく滞在していて便利!なのです。
フロアプラン

アイランドコロニーのお部屋構成は基本的には、「スタジオユニット=ワンルーム」と1BEDルームでの構成となっておりますので、2BED以上を狙う方には向いてませんが、

コンパクトで手頃な投資額を良い立地で・・

という事であれば、候補としては充分の資格を持っていると言えます。

【基本情報】
名称:アイランドコロニー island colony
住所 :445 Seaside Av., Honolulu, HI
竣工 :1979年
階数 :43階 
総戸数:745戸
間取り:スタジオ〜1ベッドルーム (28.6㎡~52.3㎡)
<共有施設> バーベキューエリア、共有ランドリー、エクササイズルーム、会議室、温水プール、プール、レクリエーションルーム、サウナ、トラッシュシュート、ジャグジー


アイランドコロニー詳細情報

【関連記事】
アイランドコロニーが人気の理由とは|ワイキキの定番コンドミニアム

最新販売物件はこちら

アイランドコロニーの最新物件情報

アラモアナ・カカアコエリアでの物件事例

アラモアナやカカアコエリアは、ワイキキからは空港寄りのエリアです。
アラモアナセンターがあるアラモアナエリアは、商業やビジネスが中心のエリアで、このエリアに居住される方は、生活の利便性を最重要に据えている方が多くなります。

アラモアナエリアの更に空港側に広がるエリアが、カカアコエリアです。

このエリアは、今ハワイで最も新築分譲が多いエリアで、このエリアも居住用の物件が多いエリアになります。

ダウンタウンへのアクセスが非常に良いエリアになりますので、人気の物件、ロケーションであれば底堅い賃貸需要と、カカアコの海側エリアで進む再開発により街の発展が進むことで資産性についても将来性が持てるエリアで世界中の投資家が注目しているエリアです。

近年では、ソルト、Instagramで有名になったウォールアート、ホールフーズマーケット、映画館、ワードビレッジショップスなどあり、旅行者の新たな観光スポットとしても人気が出ております。

新築供給量の多いカカアコエリア

カカアコエリアでまずは押さえておくべき物件種別は「新築物件」です。

(※写真は2016年6月撮影 アナハ建築中の写真です。)

ハワイへの投資の考え方で、「将来性」という軸で、将来「別荘として自己使用」を想定している人には、
ハワイ不動産の特徴である、「安定的」でかつ過去これまで「右上がりの不動産マーケット」動向を鑑み


「今」
「良い物を所有しておきたい」

というニーズにマッチしているのが、このハワイの新築コンドミニアムという選択です。

今後も、まだまだ、このカカアコエリアの開発は進んでおり、複数のデベロッパーが現在も開発・分譲販売を行っておりますが、中でも世界的にも注目度の高いプロジェクトは「ワードビレッジプロジェクト」です。
ワードビレッジプロジェクトの規模はオアフ島でも最大級で、ワービレッジ内には、それぞれ異なったコンセプトの建物が既に竣工、または現在販売されております。
コンセプトこそ異なるものの、ワードビレッジプロジェクト自体を1つのデベロッパーが街造りとして携わっている為に、街の統一感を重視しているので、異なった建物ではありつつも、高次元で全てが融合がされており、ワイキキや他のエリアにはない魅力になっているのです。

言葉では伝えきれないので、是非現地をご覧になって頂きたいです。
現地のショールームのご案内についてはお気軽にご相談ください。

【ハワイの竣工済みの販売物件事例】

アラモアナ・カカアコエリアに既に竣工を迎えている新築物件の事例をご紹介します。

ワードビレッジ「ワイエア」 2016年竣工
ワードビレッジ「アナハ」 2017年竣工
シンフォニーホノルル 2016年竣工
パークレーンアラモアナ 2018年竣工
ワンアラモアナ 2014年竣工
ワードビレッジ「アエオ」2019年竣工




※写真は、ワードビレッジアナハです

最新販売物件はこちら

ワイエア最新物件情報
アナハ最新物件情報
シンフォニーホノルル最新物件情報
パークレーンアラモアナ最新物件情報
ワンアラモアナ最新物件情報
ワードビレッジアエオ最新物件情報

アラモアナ・カカアコエリアは豊富な選択肢

アラモアナからカカアコエリアは、コンセプトの異なる、新築・築浅物件が多くございますので、

すぐに使える、長期滞在用の別荘として、選択肢の豊富なエリアと言えます。
ワイキキとは、異なる、雰囲気、物件が数多くありますので、視察するだけでも非常に楽しいエリアです。

アラモアナ・カカアコエリアの代表的な物件




写真は、2019年に竣工したばかりの、ハワードヒューズのワードビレッジアエオです。
オアフ島でも最大級の売り場面積を誇る、ホールフーズマーケットが入る「商業施設複合コンドミニアム」です。
ホールフーズマーケットと言ったら、オーガニック商品を取り扱う世界的なブランドスーパーです!


目移りする品揃えは、まるでテーマパークの様です!

最新販売物件はこちら

アエオ最新物件情報

アラモアナ・カカアコエリアでおすすめ物件は沢山ありますが
その中でも一際高い存在感を示すのが、パークレーンアラモアナです。

パークレーンアラモアナ|アラモアナセンター隣接した最高級レジデンス!最高の物を所有しておきたいという人は必見です


パークレーンアラモアナは、地元有力デベロッパー(コバヤシグループ)が自信を持って造った、ハワイらしいコンドミニアムです。
物件自体のロケーションの良さはもちろん、建物や敷地内のクオリティは申し分ありません。
私が何よりも感動したのは、ハードではなく管理体制やコンシェルジュサービスソフト面のクオリティの高さです。オーナー様がいかに満足して滞在して頂けるのか? を考え抜いたその体制やサービス内容は是非一度体験頂きたく思います。これぞ、ラグジュアリーコンドミニアムにふさわしい内容です。

最新販売物件はこちら

パークレーンアラモアナ最新物件情報

パークレーンアラモアナをバケーションで利用

パークレーンアラモアナは、短期の賃貸が可能なエリアに建つコンドミニアムで、1ヶ月単位でレンタルする事が可能です。
このハワイを代表するコンドミニアムをお試しでご利用してみませんか?

カカアコ高級物件事例



その他、注目をしておきたい物件が、ハワードヒューズがテキサスからハワイに進出するに辺り、このワードビレッジプロジェクトの第1弾としてランドマーク的な存在に据えたのが、この2物件です。(上記写真はワイエアです)

ワイエア|ワードビレッジ内のオーシャンフロントロケーション!これまでのハワイでは無かった最高レベルのコンドです


アナハ|共有施設のレベルがオアフ島でも随一のクオリティを誇る高級物件


テキサスに本社を置くハワードヒューズコーポレーションがその街造りのノウハウをオアフ島に持ち込んで進めている、ワードビレッジプロジェクトは、新たな「ハワイ」を感じさせるプロジェクトですので、ワードビレッジプロジェクトは一度現地ショールームの見学をおすすめ致します。

その他

これまでのハワイで、キングオブコンドミニアムの座に君臨していたのが「ホクア」です。


パークレーンアラモアナと同じデベロッパーでそのクオリティは申し分ありません。
またホクアはオーシャンフロントロケーションを余すこと無く楽しめるフロアレイアウトからサービス面も定評があり、著名人も多く住むと言われるコンドミニアムです。
日本人オーナー様も数多くいらっしゃいます。

ホクア最新販売物件はこちら

ホクアの最新物件情報

アラモアナセンター隣接の高級物件



ワンアラモアナ(One Ala Moana)は、アラモアナセンターに隣接した形で建つ高級コンドミニアムです。パークレーンやホクアと同じデベロッパーです。
ワンアラモアナの特徴は、アメニティ(共有施設)の充実度が特に高く、ハワイらしい緑を多く配置したガーデンは必見です。

ワンアラモアナ|アラモアナセンター隣接の高級レジデンス!利便性とラグジュアリーを重視される方には是非!



※写真はワンアラモアナ

その他のカカアコエリア主要物件

その他の高級コンドミニアムとして人気の高い物件例です。

ワイホヌア|築浅高級コンドミニアム ロケーションとラグジュアリーなどバランスを取りたい方向き


ナウルタワー|特徴的なデザインのオーシャンフロント物件・眺望と価格バランスを考えると必見


コオラニ|有名フィットネスの入る高級コンドミニアム・ラグジュアリーと価格バランス型


それぞれどの物件も魅力的な物件です。
比較の為にも、是非ハワイ渡航時には、物件見学をされてみませんか? 

最新販売物件はこちら

ワイホヌア最新物件情報
ナウルタワー最新物件情報
コオラニ最新物件情報

ワイキキエリアの築浅コンドミニアム事例


ワイキキエリアは、歴史の古い街なので、新しい物件の数が少ないです。

ラニケアアットワイキキ|ワイキキ中心部の全室オーシャンビュー

アルーアワイキキ|ワイキキ西エリアで生活便が良い

ザ・ウォーターマーク|リゾート感溢れるアメニティ


ロフトアットワイキキ|ワイキキで珍しい低層

最新販売物件はこちら

ラニケアアットワイキキの最新物件情報
アルーアワイキキの最新物件情報
ザ・ウォーターマークの最新物件情報
ロフトアットワイキキの最新物件情報

その他、いくつかございますが、滞在の利便性重視の方にはやはりワイキキは人気ですね。

ハワイだから!やっぱり眺望重視!



ハワイ不動産投資の目的で「別荘」の方には、「眺望」というニーズを強くお持ちの方が多いかも知れません。
長期滞在(別荘利用)する際の窓の外の風景は大事ですね。

ワイキキの眺望重視の場合のおすすめ物件事例

ワイキキ内で、「眺望の良さ」で定評のある中古コンドミニアムと言えば

イリカイ|ハーバーフロントに建つ老舗コンドミニアム

ダイヤモンドヘッドビスタ|ダイヤモンドヘッドと海・空を独り占めに出来そうな爽快ビュー!


イリカイマリーナ|THE・ハーバーフロント物件!

ヨットハーバータワーズ|ハーバー・海・サンセットとハワイの良いところが楽しめます

最新販売物件はこちら

イリカイの最新物件情報
ダイヤモンドヘッドビスタの最新物件情報
イリカイマリーナの最新物件情報
ヨットハーバータワーズの最新物件情報
コロニーサーフの最新物件情報
フォスタータワーの最新物件情報

他にもおすすめの物件はございますのでお気軽にお問い合わせ頂ければと存じます。

利便性・ロケーション重視

「利便性」と一言で言っても、人によっては感じる「利便性」は異なるかも知れません。


・買い物便
・海までのアクセス
・交通便
・通勤通学

皆様はどんな「利便性」を重視されますか?

買い物便重視のコンドミニアム

ここで紹介する利便性は、買物アクセスです。すぐ近くに、商業施設がある、または買い物便が良いロケーションのコンドミニアム事例です。

ロヤルクヒオ|DFSからもすぐ近くのクヒオ通りに面したロケーションです。
ハワイキタワー|海すぐ!目の前がアラモアナセンター!という好ロケーション

最新販売物件はこちら

ロイヤルクヒオの最新物件情報
ハワイキタワーの最新物件情報

もちろんこの他にもロケーションの良い物件は多数ございます。


※写真はロイヤルクヒオです

法人の税対策としてのハワイ不動産物件事例



税対策とハワイ不動産・・・
一見すると、関連が無いように思えますが、実は密接に関係があり、目的を法人税の税効果を狙い、税策として、「ハワイの物件を探し始めた」

という方も少なくありません。

ハワイで不動産事業を行うと、その事業損益が赤字になりやすい傾向があります。
この特性を使った税対策が法人収益の圧縮効果が得られるケースもあります。

税効果を狙うお客様でも
郊外の木造住宅を選ばれる方、エリア毎のリスクの違い、予算の違い、ワイキキの築古コンドミニアムを選ばれる方・・・・

【関連記事】
ハワイのコンドミニアム購入で「減価償却」を活用した法人税対策

それぞれにメリットデメリットがあり、
お客様毎に異なる、リスクの許容考え方・資金計画・ハワイライフのイメージで本当に合う物件は異なります。

私どものハワイコンサルティングサービスは様々なハワイの情報を整理し、投資のリスクを比較検証しながら、お客様毎に異なる「最適な物件選定」を行います。
ここでは税効果・不動産事業の詳細は省きますが、ご興味のある方は、勉強会を随時開催しておりますので、ご参加頂ければと存じます。

ハワイで税対策が目的としても、その効果の受られ方は人それぞれです。
そして、エリアや物件によっても、「リスク」は異なるのです。

さらに、折角ハワイに不動産を持つなら自分でも使いたい!当然、税効果も得たい! という要望もあるでしょう。

いずれにせよ、目的と効果、予算はそれぞれ異なります。
ハワイコンサルティングサービスご活用頂き、是非、素敵なハワイライフ実現して頂きたいと存じます。

ご質問・お問い合わせ・資料等については お気軽に! https://ask.hawaii.tokyo/

マハロ!!

※不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません

関連記事一覧