トランプタワーワイキキ基本情報ガイド|5つ星トランプホテルを別荘として購入!?

ハワイの代表的なコンドミニアムの一つ、トランプタワーワイキキを徹底紹介




ハワイのコンドミニアムと言ったら!? トランプタワーワイキキと答える人もきっといるくらいに知名度の高いコンドミニアムです。
トランプタワーワイキキと言えば、特筆すべきはそのロケーションです。
ワイキキの中心地で目の前にあるフォートデラッシー公園を見下ろし、ハワイバカンスの拠点とするには最高のロケーションで観光客にも大変な人気です。
その為、トランプホテルとしての稼働率はワイキキ随一を誇ります。

トランプタワーワイキキ基本情報

トランプホテルのホテルプログラムを利用する事により、自己使用していない間は、5つ星のホテルとして1日単位で賃貸に貸し出す事が可能です。
稼働率の高いホテルですが、小さいスタジオのお部屋であれば年間の維持費を賄うには充分な賃料収入が得られます。お部屋サイズが大きいと稼働率が下がる傾向にありますので、投資物件としてご検討される場合はステートメントを取り寄せて充分検討する事が必要です。

名称:トランプタワーワイキキ|Trump Tower Waikiki
竣工:2008年
総戸数:462戸
階数:38階
共有施設:バー・フィットネスセンター・スパ・テラス・バレーパーキング・プール
8階〜23階まではスタジオ・1ベッドなどのお部屋が中心で構成されてますがそれ以降の高層階は大きめの2ベッド〜3ベッドなどのユニットとなります。奇数番号のユニットがデラッシー公園側、偶数番号がダイヤモンドヘッド側です。

とても素晴らしい立地をまずは地図で確認ください

オアフ・ワイキキ好きには堪らない良い場所ですよね!

トランプタワーワイキキのアメニティ施設をチェック



トランプタワーワイキキの6階にロビーやプール、レストランなどの施設があります。
このロビーフロアには、多くの人が訪れ、またはゆったり過ごす、トランプタワーワイキキの中心的なフロアです。


のんびり過ごせるスペースもあり、こちらで過ごすのも快適そうですね
そしてこのロビーフロアにある施設の一つが共有施設のプールです。
そのプールについて、利用者から聞かれる声として「足湯」と評される事もありますが、いったいどんなものでしょうか?
こちらがトランプタワーワイキキのプールです



個人的には、それ程、足湯感は感じませんが、確かに、400ユニットを超えるホテル規模としては、「小さい」とは言えますね。
トランプタワーワイキキのインフィニティプールは公園の眺望や海、空丁度いい高さの位置から見ることが出来るのです。このプールはワイキキ周辺のホテルには無いものを感じる事が出来ると思います。
プールは少し小さいですので、トランプタワーワイキキに宿泊するならここは最高のロケーションなので、是非海へ遊びに行きましょう!

レストラン、その他施設も充実!

ワイオル・オーシャンビュー・ラウンジ

営業時間
ランチ 午前11:00~午後6:00 | ハッピーアワー 午後3:00~午後6:00 | ディナー 午後6:00~午後10:30
https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/honolulu-restaurants.php

陰陽カフェ



営業時間 朝食 午前6:30~午前10:30
https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/honolulu-restaurants.php

BLTステーキ

営業時間 ディナー
午後5:30~午後10:00 (日~木)
午後5:30~午後11:00 (金・土)
https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/restaurant-waikiki-hawaii.php

<その他の施設>

ザ・スパ・アット・トランプ





こちらも定評あるスパです。遊び疲れた身体を癒やしたり、陽射しを浴びたお肌のメンテナンスもこちらで
https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/honolulu-spa-services.php
フィットネス施設


ビジネスセンター・会議スペース

インターネット環境や、ミーティングスペースなども完備してます


※ミーティングスペースの詳細はこちら
https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/honolulu-meeting-space.php

トランプタワーワイキキのフロアプランの基本

まずは、トランプタワーワイキキの各階のフロア構成を確認しましょう。
以下のフロアプランは、8階〜23階フロアとなります


※画像下側がダイヤモンドヘッド側となります。
お部屋番号で言うと、02〜22番の偶数番号がダイヤモンドヘッド側です。
反対に奇数番号は公園側となります。
例外として #01と#21 ユニットはラナイが無い建物側面に配置されているユニットです。
ラナイが無いのは、8階ダイヤモンドヘッド側とこの#01、#21ユニットとなります。


24階から上層階は、各部屋が大きめになりフロア毎のユニット数が少なくなります。

トランプタワーワイキキフロアプラン解説

スタジオユニット

スタジオとは日本で言うワンルームの様な一部屋タイプの事を言います。
353sqft〜617sqft 日本の平米で換算すると、約32.82平米〜約57.38平米と面積はバラバラです

1BEDユニット

1ベッドユニットはダイヤモンドヘッド側の角部屋に2つあるだけです。
1ベッド狙いは必然的にこの2つのユニットが候補になります。
広さは、744sqft〜795sqft (69.19平米〜73.93平米)
1ベッドとなると家族4〜5人で泊まっても充分な広さですね!

2BEDユニット

8階〜23階では、2ベッドは、公園側にしか配置されておらず、広さもやや広い間取りが多くございます。

1,111sqft〜1,332sqft(103.32平米〜123.87平米)

フロアプランの中で特別なのが、#19ユニットです。
公園側と海側の角部屋で、一番面積も広いという事で、プレミアユニットがこの#19ユニットになります。


それではこのトランプタワーワイキキ最高峰のユニットの過去の取引履歴をチェックしてみましょう。
※情報元 Hicentral MLS ホノルル不動産協会より
過去1000日(2020/06/23現在)の取引事例はたったの2件です・・・

2017年12月 #1419 $2,500,000
2020年2月 #1819 $2,375,000

プレミアユニットという事で、売りに出ることも少ないのです。
眺望はこの様な素晴らしい景色が楽しめます


また、8階〜23階と、24階〜38階まではフロア構成が変わっており、24階から上は広いお部屋が中心になります。
よって、23階の#19ユニットというのは、通常フロアの中でも最高峰と言えそうですね。

トランプタワーワイキキの人気ユニットとは?



トランプタワーワイキキの場合、人気は公園側となります。
お部屋の目の前には建物が建っておらず、ラナイから広がる公園の緑青い海と空を楽しむ事が出来るのです!
ワイキキ中探してもこれほどの気持ちがいい景色を楽しめるものは数少ないでしょう。

一方、ダイヤモンドヘッド側も、高層階であれば、ダイヤモンドヘッドが見える!というのが特徴でもありますが全てのユニットが見られる訳ではありません。しかし、ダイヤモンドヘッド側のユニットは、朝陽を浴びて変わっていく街並みと夕方近くになると涼しいラナイで夕陽で変わっていく街並みにをゆったり眺めながら過ごす楽しみ方が出来るのでこちらだって素敵なハワイライフです!
高層階にいくと・・・
写真は37階フロアからの眺望です!圧巻ですね!


ラナイは無くとも・・・#01・#21の利点とは?



#01と#21はラナイが無く、「折角のハワイなのにラナイがないなんてつまらない!」という人でも是非注目して頂きたいのは、

間取りの良さです。

建物の間取りが四角い綺麗な間取りで、441sqftという数字以上の広さを体感出来るのもおすすめです。
#01は、シティービューですがその分、涼しい室内から広がる窓の景色は、丁度、太陽が綺麗に街に降り注いでいるのを室内から見る事が出来ます。これは、京都にある古いお屋敷みたいな庭園は、綺麗に庭(景色)を楽しみたいから、庭はあえてお部屋の北側の位置に作ってあるのと同じ「美景色」効果を楽しめます!。

一方、#21は、非常に価格も高い角部屋ユニットと同等のオーシャンビューを楽しめる事が出来るので予算は1ベッド以上の価格までは出せないが、ビューは妥協したくないという方には是非チェックして欲しいユニットです。

そして、私的には、1BEDユニットも使い勝手が良くおすすめです。
1ベッドタイプであれば、ご家族4〜5人での利用にも充分耐えられ、お部屋の賃料もスタジオユニットに比べると高く設定されているので、貸しても良し、使ってもよしというユニットタイプとなります。

トランプタワーワイキキの購入に含まれるもの

通常トランプタワーワイキキの様ないわゆるホテルコンドミニアムタイプを購入すると、購入者は、建物の筐体を購入する事になります。



例えば、ベッドや、調度品、シーツなどは、これは限定共有物と呼ばれるお部屋についている付属品になります。
付属品については、オーナー様の意向で勝手に変更するという事が出来ないのです。
仮に内装を変えたとすると、ホテル運用をする場合に、ホテル側がその管理をする事を拒否する、または、ホテルの仕様に準じた内容にする事を求める事になります。
この点は、売却の事を考えると、ホテル仕様のまま使うのが良いという事になります。

トランプタワーワイキキ室内ギャラリー

室内の仕様は、スタジオユニットも他のお部屋も殆ど一緒です。
しかし、いくつか押さえておくべき点がございます。

・スタジオにはランドリーが付かない
・通常はキングベッド仕様で日本人好みのツインベッドタイプはレア

ランドリーは長期滞在時には必須ですが、残念なポイントとしてはスタジオにはランドリーが無いのです。。。その点リッツカールトンレジデンスワイキキはスタジオタイプにもランドリーが付いてます!!流石最新コンドですね。リッツカールトンレジデンスワイキキに関してももちろんお気軽にお問い合わせ下さい。

さて、以下はお部屋の感じを掴んで貰う為の写真ギャラリーです。ザッとご覧ください。








トランプタワーワイキキはそのビューで相場も変わる

トランプタワーワイキキを購入検討するにあたり、公園側とダイヤモンドヘッド側で大きく価格が異なる点は押さえて置きたいポイントです。
フォートデラッシー公園側は遮る建物が無いために開放感があり、公園の緑、青い空、そしてサンセットを楽しめるなど付加価値がつき相場が高めです。ただし、ダイヤモンドヘッド側でも中層階あたりからは、前面のワイキキのビル・建物を超えてくる為に、ユニット次第では美しい青い海を楽しむ事ができます。ユニットは、ご予算やお好みでお選び頂くと良いと思います。

トランプタワーワイキキの不動産相場

 
トランプタワーワイキキは総戸数が462戸と多めですので、中古のリセール市場にも多くの物件が流通しております。最新の情報から相場をご紹介します。

  • スタジオ $385,000〜 ダイヤモンドヘッド側 $388,000〜 公園側 $910,000〜
  • 1ベッド $800,000〜
  • 2ベッド $1,870,000〜
  • 3ベッド $4,450,000〜
  • ※2020/06/23現在、市場に売りに出ている物件の最低価格をピックアップしたものです。
    ※情報は、Hicentral MLSに掲載されている情報です。

    ホテルコンドミニアムで別荘維持の手間を軽減

    実は、ホテルコンドミニアムを最初の海外不動産購入に検討される方は多いです。

    何故、この様な物件種別を選ぶのでしょうか?

    それは、ハワイと言えども、海外不動産です。海外に不動産を所有した場合に心配されるのは、使用していない間の「お部屋の管理」です。
    ハワイの場合は、別荘として購入しても自己利用していない間の管理は、不在管理サービスを提供しているハワイの不動産会社は多いので、定期的に空気の入れ換えや、給排水のチェックなどは任せる事が可能です。日本語の通じる賃貸管理会社も多いので、不在時の管理は心配は少ないのはハワイ不動産ならではと言えます。

    また、日本人の多くの方は、ハワイ不動産も投資の一つで、少しでも収入が得られる事を理想とされております。

    儲からなくても良いが、維持費の足しにしたい・・・


    こういう方に、不在時には、ホテルとして賃貸運用して僅かでも収入があるという物件スタイルは実は都合が良いことになります。

    まさに
    自分はもちろん別荘として使えて
    使っていない間は、綺麗に管理してくれて、賃貸運用もしてくれる存在

    トランプタワーワイキキの様なコンドミニアムの場合、ホテルマネジメント会社がついており、ホテルプログラムを提供しております。

    ハワイの主要なホテルコンドミニアム物件
    トランプタワーワイキキ
    ザリッツカールトンレジデンスワイキキ
    アラモアナホテル
    イリカイホテル
    ルアナワイキキ
    アロハサーフホテル
    ワイキキグランドホテル etc…

    高いマネジメントフィーにも意味がある!?

    ホテルプログラムを利用した場合は、お部屋の維持管理についてはホテルマネジメント会社任せる事が出来ますので、不在時の心配や管理の手間が大幅に軽減出来るのがオーナー様のメリットです。そして何より、不在時には、トランプタワーワイキキは、5つ星ブランドの「トランプホテル」として1日単位でレンタルを行いますので、稼働状況によってはプラス収益になる場合もございます。

    「トランプホテル」ブランドによる知名度、マーケティング活動による集客力や、いつ行っても綺麗な管理体制には、少々高いマネジメントフィーもやむなしです・・
    よって、ここまでのハイブランドですので、賃貸収入の収益を狙うよりは、

    別荘としての満足度と、安心出来る管理体制があり
    賃料収入が維持費の足しになるという

    ハワイライフを求められる方にはまさにおすすめ物件といえます。

    ホテルプログラムを利用時のデメリットとは?

    トランプタワーワイキキを所有していたとしても、ホテルプログラムに加入している場合は、ホテルの1室になりますので、オーナー様ご自身のプライベートの荷物を部屋に置いておくという事ができません。

    そして、突然ハワイ旅行に行こうと思い立っても、

    他にご予約が入っている場合は使えない事もありますので、その点は、別荘を買ったとしても注意が必要です。
    メリットもありますが、デメリットもありますので、ご自身が

    どの様なハワイライフをしまれるのか?
    を良くご検討頂き、物件選びをする事が大事です。

    トランプタワーワイキキの気になる稼働率

    もしも、トランプタワーワイキキへの投資をお考えの方は、やはり気になるのはお部屋の収支です。
    トランプタワーワイキキの場合、自己利用と賃貸を併用して使われる方が多いので、オーナー様の使用状況によって収支は大きく異なります。
    また、この様な物件種別の場合、戦争やテロやウィルスなどの不可抗力による旅行者減の局面においては、稼働率が下がる事になりますので、その様なリスクは当然考えておかねばなりません。

    通常期であれば
    ハワイのホテル稼働率は、全米のホテルの稼働率に比べても高いエリアですので心配は少ないのですが・・・

    トランプホテルを運営する、マネジメント会社からのデータを元にすると、スタジオ〜1BEDユニットの稼働率は、60%〜87%です。
    全体の稼働率の傾向としては

  • 公園側の稼働率が良い
  • 小さいスタジオユニットの稼働率は厳し目
  • 2BED以上の場合は少々稼働率は厳し目
  • データから見るとこの様になります。
    公園側のスタジオユニット、ダイヤモンドヘッド側1ベッド、大きめのスタジオユニットは、比較的、購入額と稼働率と使用勝手のバランスが良いユニットと言えそうですね。

    また、それぞれのお部屋は以下の様にカテゴリ分類されてます。

    Studio Superior City View 
    Studio Deluxe City View  
    Studio Superior Partial Ocean View 
    Studio Deluxe Partial Ocean View 
    Studio Superior Ocean View 
    Studio Deluxe Ocean View 
    1BR Deluxe City View 
    1BR Deluxe Partial Ocean View 
    1BR+Den Premium Ocean View
    1BR+Den Trump Flr 

    マネジメント会社としては、宿泊希望のお客様が発生した場合には、各カテゴリに平均的に振り分ける事になりますが、キッチリ平均化されるものでもございません。


    実際の稼働率については年度毎に良い年もあれば悪い年もあります。そこで、単年のステートメントの収支だけで判断するのはおすすめ致しません。
    さらにステートメントを見る際には、その収支はそれぞれのオーナー様の使用状況も考慮して判断する必要がございます。
    よって、収支を重要視される場合は、検討されているユニットについては、少なくとも複数年のステートメントを比較すべきですし、又は、同カテゴリの他のお部屋も参考に見ておくのが良いと思います。

    ハワイ不動産投資らぼでは、気になるユニットのお部屋の収支なども、取りそろえる事が可能ですので、お気軽にお問い合わせ頂ければと存じます。

    関連記事一覧