ハワイの風を感じたい!ハワイコンドミニアムバルコニー最新事情2021

ハワイで実現したいバルコニーで感じるハワイ



ハワイの別荘!と言ったら憧れとしては、バルコニーで青い海を見ながらゆっくり過ごす・・・というイメージの方も多いはず。

オーシャンビュー×バルコニー

について当記事は、様々な物件のバルコニー事情を紹介します。
尚、バルコニーはハワイでは、ラナイと表現しますが、当記事ではわかりやすく、バルコニーと併記を行います。

ワイキキのコンドミニアム事例

ディスカバリーベイ


ワイキキの西側の物件で、屋根付きの様な感じのバルコニー(ラナイ)です。
目の前がアラモアナ大通りに面している為に、この様に窓を付けて部屋として使える様にしているお部屋も少なくありません。
ワイキキ内にもいくつか存在しておりますが、ワイキキと言えども、風が強い日にはお部屋の向きによってはそんな日はバルコニーにいられない程ですので、お部屋に改造しているのを見かけます。
ディスカバリーベイ物件一覧

ワイキキスカイタワー

ディスカバリーベイ同様に、ワイキキのいくつかのコンドミニアムがこの様なタイプのバルコニーを採用しており、お部屋によってはオープン、クローズで違いがあります。

お好みは分かれそうですね。
ワイキキスカイタワー物件一覧

リージェンシーオンビーチウォーク



リージェンシーオンビーチウォークは、トランプタワーワイキキの裏手にある中層のコンドミニアムです。


ホテル運営が可能ですので、賃貸併用別荘として人気があります。
バルコニーはかなりの広さがありますので、4〜6人でも充分過ごせるのが特徴。オーシャンビューというよりは公園や夜景の景色が綺麗なんです。
リージェンシーオンビーチウォーク物件一覧

ヴィラオンイートンスクエア


ヴィラオンイートンスクエアホブロン通りに面している商業複合型のコンドミニアムです。周りにコンドミニアムが密集して建っている為に、高層階ユニットでないとオーシャンビューが愉しめませんが、奥まったロケーションですけど、これだけのビューも愉しめます。
ヴィラオンイートンスクエア物件一覧

ダイヤモンドヘッドビスタ

ダイヤモンドヘッドビスタはその圧巻のビューが特徴のコンドミニアムで、その特徴を最大限に活かした広めのバルコニーが自慢です。

ダイヤモンドヘッドビスタ、ラナイから見る景色は最高です。ダイニング風に活用しているお部屋も多数有ります。


ダイヤモンドヘッドビスタ物件一覧

シャトーワイキキ

ヴィラオンイートンスクエアと道路を挟んで建つコンドミニアムです。周りはビルが多いので、眺望の良さを狙うなら、高層階となります。




ワイキキ中心地よりも静かで、アラモアナ行くにもアクセスが良いために、長期滞在の別荘用として人気があります。賃貸ニーズも高いのが特徴です。
シャトーワイキキ物件一覧

アルーアワイキキ

ワイキキ西側で、ヴィラオンイートンスクエアやシャトーワイキキとご近所さんです。
オーシャンビューのお部屋は、ダイヤモンドヘッド側です。



比較的大型のバルコニー(ラナイ)が付いています。ワイキキでも数少ない築浅高級コンドミニアムの一つです。バス停、コンビニ、アラモアナセンター、ドンキホーテにもアクセス良好ですね。
アルーアワイキキ物件一覧

イリカイ

オーシャンフロントの老舗コンドミニアムです。オーシャンフロントとハーバービューが愉しめるワイキキでもレアなロケーションです。



標準的な大きさと言った所ですね。
2〜3人なら充分過ごせます。
シティー側で夜景と風を愉しむか? ヒルトン側で花火と海を愉しむか? ハーバー側でサンセットを愉しむか・・・

イリカイは非常にビューが多彩です。
イリカイ物件一覧

イリカイマリーナ

イリカイの並びに建つのが、イリカイマリーナ。

名前の通り、マリーナフロントの物件です。
間取りによって多少バルコニーの大きさと形状が異なります。


あまり大きいというサイズではありません。
イリカイマリーナ物件一覧

トレードウィンズプラザ

ワイキキ東側のコンパクト物件。


スタジオタイプのお部屋ですので、致し方ありませんが、これはちょっと小さめのラナイですね
一般的にはワイキキのスタジオユニットタイプをお探しの場合は、あまり大きなバルコニーは期待出来ませんが
トレードウィンズプラザ物件一覧
次にご紹介する物件だけは例外です。

アイランドコロニー

ワイキキエリアで、スタジオタイプを探している方必見の物件がこれ。アイランドコロニーです。



このバルコニー(ラナイ)の広さは凄いです。
大半のユニットはスタジオタイプのお部屋ですので、このバルコニー(ラナイ)を、ダイニングの様に使っているオーナー様も多いです。
アイランドコロニー物件一覧

バルコニーなくてもこれなら良い

カピオラニ公園を抜けた先に、通称ゴールドコーストと呼ばれるエリアがあります。海向きのバルコニー付きの物件は、目の前に広がる海!をもちろん愉しめます。
コロニーサーフと呼ばれる、老舗コンドミニアムには、バルコニー(ラナイ)と呼ばれるものはありませんが、豪快にお部屋を開口して海を愉しめる造りになってます。



これなら・・・バルコニーは要らないかも知れませんね。
コロニーサーフ物件一覧

2000年代に入って変わるバルコニー事情

比較的新しいコンドミニアムは全体的に、快適&高級感を追い求める様になったのか、バルコニー(ラナイ)事情は変わってきます。

定番の高級コンドミニアム ホクア

2006年竣工のコンドミニアム、高級コンドミニアムホクアなどはこの様にラナイは小さめになってます。



目の前がアラモアナ大通りという理由もあるかも知れません。
窓を目一杯開いて、窓際に椅子を置いてゆっくり過ごせるので、直射日光を浴びなくて、このタイプの方が快適かも知れません。
ホクア物件一覧

コオラニ

ホクアの裏に建つ、コオラニです。コオラニもラナイ自体は小さいです


ホクアと同じように、窓を開けて室内で過ごすというスタイルです。この年代はこのスタイルが多いですね。
コオラニ物件一覧

ナウルタワー


1990年の竣工の建物ですが、非常に特徴的なデザインです。
こんな特徴的な建物のバルコニー(ラナイ)はどうなっているかと言うと、大半のお部屋には付いて無く、一部角のお部屋にバルコニー(ラナイ)が付いてます。
大きさ的には広めです。


この部分をお部屋に改造しているお部屋もございます。
ナウルタワー物件一覧

シンフォニーホノルル

2016年竣工のコンドミニアム、シンフォニーホノルルも小さいのです。







バルコニー(ラナイ)は小さいですけど、お部屋の天井から全てがガラス面となっており、リビングにいながらどの方角を見ても、外の景色を充分楽しめる事が出来ます。
このカカアコエリアは風が強いので、バルコニーでゆっくり過ごせない日も多いです。
地域特有の事情もありバルコニー(ラナイ)無くても愉しめるタイプのお部屋が増えたのです。
シンフォニーホノルル物件一覧

ジュリエットバルコニー

2016年〜2017年に竣工した初めてのワードビレッジプロジェクト。「ワイエア」と「アナハ」はデザインが特徴的です。
写真はワイエアです。

対して、アナハはブロック調の特徴的なデザインです。

このアナハのタワー棟にはバルコニーは設置はありません。ジュリエットバルコニーと呼ばれるタイプとなります。




ホクア、シンフォニー、等、小さくなったバルコニー(ラナイ)を、潔くシンプルで機能的にした感じですね。
アナハ物件一覧
そして、ワイエア、アナハの次に竣工を迎えたのが、アエオです。
このアエオも変わったコンセプトの作りです。

これまでのワードビレッジプロジェクトとは異なり、更に変わったコンセプトです。


CGでは、バルコニー(ラナイ)でもなく、ジュリエットバルコニーでもないタイプです。

実際の現地は、この様な作りですが


この付き出たところが、パカッと内側に引いて開ことが出来ます。
リビングとバルコニー(ラナイ)の機能を一体化させたコンセプトです。
この様に、バルコニー(ラナイ)も、ハワイの気候、お客様のニーズを汲み取りながら進化を遂げているのです
アエオ物件一覧

究極のバルコニー?!も登場?バラエティ豊かなタイプもあり

最近のコンドミニアムは、バルコニーが無い、または小さい高級物件も少なくない中で、反対に個性豊かな物件もあります。

こんなバルコニー理想的!パークレーンアラモアナ

パークレーンアラモアナというラグジュアリーコンドミニアムと言われている物件は、

逆です。

どーんときく、なんとバルコニー(ラナイ)でバーベキューも出来る仕様になって、バルコニー(ラナイ)でやるバーベキューという究極系!?です。




上の階のバルコニーが屋根の様になっていて陽射しが差し込まない設計にもなってます。
パークレーンアラモアナ物件一覧

戸建てとコンドミニアムの融合バルコニー

そんな最新コンドミニアム事情でも、一風変わったバルコニー(ラナイ)もあります。
それは、The Collectionと呼ばれるコンドミニアムです。

物件としては、高層コンドミニアムですが、実はこのコレクションという物件、高層タワー棟の他に


一戸建てとコンドミニアムの良さをミックスした、タウンホームというカテゴリがあります。


玄関は1階にあり、建物はメゾネットタイプで室内に階段があります。

3階から更に上に屋上がついていて、合計4階分の階段を、息を切らせて登ると・・・

そこには



踊り場的な、スペースがあり、ちょっとしたスペースに、ミニキッチンまでついてます。

ここ自体も、お部屋に出来ちゃいそうですが。
この部分から、表に出る事が出来ます。
すると、この屋上全体が





これだけ広ければ、夕方から友人を集めて、このバルコニーでバーベキューをしながら週末を過ごすなんていうスタイルも楽しそうですね。
ザコレクション物件一覧

ザ・バンガードロフト

コレクションと似た感じのバルコニー(ラナイ)で、私も好きな物件がこれ
ザバンガードロフトというカカアコでもややダウンタウン寄りのエリアです。


お部屋の外に、らせん階段があり、上階にはバーベーキューが出来る施設とバルコニー(ラナイ)があります。
そのまま、屋上のプールにアクセス出来る珍しいタイプのコンドミニアムです。

古いコンドミニアムを全体をフルリノベーションしたので、ここまで大胆な企画が誕生したのでしょう。
ザバンガードロフト物件一覧
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

さて、今回は、バルコニー(ラナイ)についいて書いてみましたが、皆様のバルコニーで楽しむハワイライフのイメージに近い物件はあったでしょうか?

お気軽にご希望を頂ければ、それに合う物件をご紹介致しますので、是非、お気軽にお問い合わせください!!
それではマハロ!!!

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧