ALOHA!
ハワイライフ実現へ

Latest Contents

安定のハワイ不動産

ハワイイメージ

日本人が愛してやまない南国の楽園ハワイ。人気旅行先としても常に上位のハワイは、実は富裕層の間でも投資先としても人気を集めているのです。ハワイの不動産マーケットは、2008-2009年サブプライム問題・リーマンショックの時期にでも東京や米国本土に比べると不動産相場の「下落率」は低く、大変安定的なマーケットが形成されてます。

安定的な理由はいくつかございますが、大きい理由としては2点

・島国で新規供給には制限がある 需要>供給
・環太平洋の先進国からの投資が集まるのがオアフ島

この点は大きいと思われます。

オアフ島はエリア毎にもそのマーケット特性が異なり、世界中の旅行者が集まる「ワイキキ」、ショッピングやあたらなスポットとして注目されている、「アラモアナ・カカアコ」エリアには非常に多くの居住向きコンドミニアムが建ち並びます。オアフ島では近年、アラモアナ・カカアコエリアを中心に「新築物件」の分譲が活発化しており、中古・新築物件の選択肢の幅が広がりました。

新築コンドミニアムの場合は、デザイン・クオリティとも非常に従来のハワイのコンドミニアムと比較すると最新設備が揃っている為に、長期保有を考えられている投資家に特に人気が高いです。

ロケーションの良い、直ぐに使える中古か?
最新設備やアメニティ充実度の高い新築か?

それぞれに異なるリスクもございますので、総合的にご判断頂く事をおすすめ致します。

安定の米国ドル資産

世界の基軸通貨ドルの「現物資産」である不動産は、別荘としてではなく、安定資産の投資先としても実は日本の富裕層の方には注目されております。
ハワイ以外にも日本人の多く住む、全米第2の都市「ロサンゼルス」は投資先人気ランキングでも上位エリアです。ハワイから国内便で6時間程度と、日本とハワイ、ハワイとロスの行き来がしやすい点も、日本人投資家からも注目を集めるエリアです。

カリフォルニアのGDPはイギリス並みの経済を誇り、ハリウッドを中心とした世界のエンターテインメントの中心地、かつ全米でも高い学校レベル故に、人口が常に増えている為に、投資先としての魅力があります。

どちらが良いという話ではありませんが、ハワイは、

ハワイを楽しむ
米国資産形成する

という二つの要素を両立させる事が出来る場所です。

成長著しいロサンゼルス
楽しむ要素も詰まっているハワイ

どちらにも魅力がありますので、将来を見据えた正しい物件の選定方法を日本で情報提供を致します。