ハワイのウーバー事情|空港からウーバーは使えるのか?

Uber(配車アプリ)もしっかり浸透したハワイ



Uber(ウーバー)ってご存じですか?
日本の都内では、UberEATですっかり有名になりました。

ウーバーは、一言でいうと白タクなんですが、日本では白タク自体、現在禁止されてます。
今、国内を走っているUberはタクシー会社などが提携していたり、タクシー業務の許可のある事業者が運営してるケースの様です。
しかし、ウーバーは都内では走っている台数が少ないので結果、普通のタクシー捕まえた方がいいくらいで、これまで、日本では使った事がありませんでした。

日本ではタクシー会社の配車アプリの方が先行しているのは米国と違う点です。
まさに「岩盤規制」ですね・・それはさておき

ハワイではすっかりこうした配車アプリは一つのインフラになってます。
また、こうしたサービスは、ウーバーの他に、lift(リフト)もありますが、基本的には仕組みは一緒です。

【リフト iPhone用アプリ】
https://apps.apple.com/us/app/lyft/id529379082
【ウーバー iPhone用アプリ】
https://apps.apple.com/us/app/uber/id368677368?uclick_id=402e1431-004d-4c15-aabb-1ad27f0f1d50
【ウーバー Android用アプリ】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab&uclick_id=402e1431-004d-4c15-aabb-1ad27f0f1d50

サービス利用方法

UberもLift(リフト)も、スマホアプリで、ピックアップ場所と目的地を設定すると迎えに来てくれます。

行き先はアプリで指定し
決済は、クレジットカードで済ます

よって、Uberの運転手とは一言も会話を交わさず目的地で降りる事も可能です。
(運転手によってはコミュニケーションを積極的にしてくるケースもあり・・)

ハワイのタクシー

ハワイのタクシーと言えば黄色い色したイエローキャブやチャーリーズタクシーなどが有名ですね。

【チャーリーズタクシーサイト】
https://charleystaxi.com/jp/waikiki-flat-rates/

利用する際には、

タクシーを止めて行き先を告げて、発音が悪いと伝わらなかったり、チップの計算が面倒だったり
英語が不自由な人はタクシー乗るのもドキドキしてしまうと思います。

その点ウーバー等は

話す必要ない
チップを渡す必要がない

のは英語が不自由な人には有り難いです。

ワイキキはUBER天国です

2020年2月の段階では、ウーバーとリフトの数は充分すぎる程走っていて、数分以内で指定の場所まで来てくれる環境になっていました。

実際に利用した事例をご紹介します。
行き先は、インターナショナルマーケットプレイスあたりからアラモアナセンターまでです。
このケースはワイキキ滞在ならばありえそうなケースです。

場所を指定すると、対応可能なドライバーが自動的に検索されて
少し待つと、ドライバーと車種が表示され、何分で迎えに来てくれるかわかります。
アプリの地図上の上を、小さい車が動きながらやってくるのが見えます
見てるだけで楽しいです。

Uberで使われる車種は日本車じゃない事が多いので、見つけられるか心配でしたが、ちゃんと指定した位置まで来てくれるので、出会えないという事は何度か利用した際にはありませんでした。
クルマが到着すると、念のために、アプリに表示してあった名前を言ってみると、「そうだそうだ」みたいな感じで大抵明るくお出迎え。
来たクルマは本当にどこにでも走っている様な一般的なクルマです(笑

まるで知り合いの車に乗った気分ですね。
乗車すると目的地までのルートはアプリ上に出ているので、今どこを走っているか分かるので安心です。
そして無事にアラモアナセンターに到着。

金額は事前に分かります今回は、$7.28でした。
チップも支払う必要がないので(任意で支払っても良いとは思います)到着したら

「Thank you!」

と言えば相手も笑顔で応えてそこでお別れです。
初のUberでしたが、意外にもあっさり終了。
大変便利でした。

ワイキキと空港間の費用目安

気になる費用ですが
ウーバーの公式サイトで見積を取ると

およそ、$21.51です。

但し、利用する時の混み具合、クルマのグレードなどにより費用は異なります。
その点、チャーリーズタクシーの場合は、ワイキキから空港間は定額料金サービスを提供していて、$29で、安心感もありますので悩ましい所ですね。

空港からのワイキキ移動

ウーバーが出来た当初は空港でのピックアップが出来なくて、空港外でしかピックアップの指定が出来ない時期もありましたが今は、普通に指定が出来る様になっています。

実際に呼んでみると、Uberのアプリで場所を指定出来たのは「手荷物受取所」でした。
税関を抜けて個人出口から外に出た辺りに、タクシーなどが待ち合わせする所があると思いますが、そこの柱に、書いてあるアルファベットの所に迎えに来てくれるようです。

今回の場所は「F」
しばらく待っているとウーバーのクルマは近くまで来ている様ですが、なかなか出会えません・・

近くまで来ているのですが・・・
何とか電話連絡を取り合い、無事に合流!
英語が苦手だと、ちょっと大変かも知れません。。。
たまたまかも知れませんね。

ワイキキDFSまで移動しましたが、この時の費用は$37.50でした。
チップもアプリでワンクリックで渡す事も可能ですので便利です。

そんな私は、最近はウーバーよりはリフトを中心に利用してます。
何故って?

少し安いからです(笑

利用時の注意点

一般の人が空き時間を利用してアルバイト的にやっているので、その点は少し不安は残ります。
私は滞在中何回か利用した際に、香水がきついクルマは何度か遭遇しました。
また、陽気なお兄ちゃんの車の内装が派手なのに苦笑した事がありましたが、殆どのクルマはシンプルかつ綺麗な状態でした。
ワイキキ〜アラモアナセンターあたりのエリアで明るい時間帯に使う分には危険性を感じる事はありませんでしたがUBERの仕組みを良く理解して利用した方が良いと思います。

これまでの所では、怖い経験は幸いありませんでしたが、ハワイと言っても外国ですので、気をつける事に越した事はありませんね

マハロ!

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

関連記事一覧