ハワイ新築コンドミニアム値上がりランキング

ハワイの新築物件の値上がりを比較

ハワイの新築コンドミニアム投資スキームも一般化して、今なお売れ続ける状況が続いているハワイです。
しかし、本当に上がっているのか?
どの位なのか?

気になる所です。
アイコン

27年振りのワイキキ中心地の新築・トランプタワーワイキキ


ハワイと言えば、1990年代~2000年代初頭まで殆ど新築供給がなく
2009年に竣工したトランプタワーワイキキは、なんと27年振り
ワイキキエリアで供給された新築となりました。

当時は日本の投資家名義で多くのシェアを占めたほどのフィーバー振りでした。

新築ブームの先駆けワンアラモアナ

その後、暫くの間、新築供給が途絶えましたが、
2011年~2012年にかけて、ワンアラモアナが販売。
地元販売枠は27時間で完売という人気振りで
その後の新築ブームの先駆けとなりました。

ワンアラモアナ
ワイホヌア
シンフォニーホノルル
ワードビレッジワイエア
ワードビレッジアナハ
ザコレクション

これらの物件が、2011年~2014年頃に新築販売された代表的な物件です。
そして、この時期に販売された物件が実際に竣工するのは
2014年~2016年あたりに集中する事になるのです。

竣工ラッシュの懸念点も

この頃は、2016年に竣工を迎える物件が増えてくるので

価格が落ちる

など、心配された声も聞こえました。

実際には、これらの新築を買って引越をする人も多く居たために
買換え目的の為、一時的に自宅売却が増加しました。

よって

一時的ではありますが
需要と供給のバランスが崩れ
価格調整が入った様な時期がありました。
この時の現象は、特に、周辺の高級コンドミニアムに多く現れたと言えます。

新築供給は続いている

その後も、

アエオ
コウラ
アアリイ
ビクトリアプレイス
スカイアラモアナ
アズールアラモアナ

毎年の様に新築コンドミニアムの新規販売が続いており
今なお、次の新しい販売計画の話題が出ています。

供給過多ではないのか?

販売件数が増えたら買う人はいなくなるのでは?

という心配を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが

ロケーションの良い
物件は売れ残る様な売れ方ではない

事です。

今でも即日完売級の売れ方をするお部屋も多いです。
ホノルルエリアは常に住宅不足という事と、大きな部屋から、または戸建てからのダウンサイジングの住みかえ需要が多いので、カカアコやアラモアナ物件供給数が多くなっても「売れない」という事が起こってないのです。
アイコン

値上がりランキングについて

値上がりランキングを出す前にこのランキングの前提条件としては

新築販売時の価格から
直近の成約価格との比較(上昇率)
となります。

よって

5年前の物件
昨年竣工した物件

を、2022年4月時点で比較しておりますので、
同期間、同じ条件での比較とも言えません。。
アイコン

この様な価格上昇動向を知りたいとおっしゃる人も多い内容です。
細かい設定条件は気にせずに、気楽なランキングとしてご覧頂ければ嬉しいです。
その辺り、予めご了承下さい。

アイコン

新築竣工後の値上がりランキング

今回の比較する物件は以下となります。

ワイエア・アナハ・アエオ・アアリイ・ワンアラモアナ・アズールアラモアナ・ワイホヌア・シンフォニーホノルル・カピオラニレジデンス・ザコレクション・パークレーンアラモアナの各1bedの物件となります。(※1bedのみのデータです)

|ワイエア
|アナハ
|アエオ

|アアリイ
|ワンアラモアナ
|ワイホヌア
|アズールアラモアナ
|シンフォニーホノルル
|カピオラニレジデンス
|ザコレクション
|パークレーンアラモアナ
アイコン

2019年~2022年の成約事例の内
なるべく最新の成約事例を抽出して上昇率を出してます。
(情報元:hicentralMLS掲載データより)

そして
それぞれのコンドミニアムの

最高の上昇率

を示したお部屋を基準にして
それぞれのコンドミニアムの代表ユニットとしてます。

平均や中間値ではありません。

アイコン

上昇率が高かったお部屋のコンドミニアムベスト5
という事でご覧ください!

上昇率ベスト5

アイコン
では行ってみましょう!

1位 シンフォニーホノルル 2016年竣工 186%
2位 ザコレクション 2016年竣工 180%
3位 ワンアラモアナ 2014年竣工 170%
4位 アナハ 2017年竣工 167%
5位 ワイホヌア 2015年竣工 164%

となりました。

1bedの価格帯はマーケット内では比較的お手頃感もあるために
流動性も高く、当時価格が安かった物件は価格も上がりやすい傾向があります。

今回のランキングで
1~2位 シンフォニーホノルル、ザコレクション、と
5位のワイホヌアの物件

これらが販売当時、近隣には別の話題のコンドミニアムが平行して売られており
その陰に隠れて販売されていたものです。

アイコン

それらが竣工後、その物件が評価された為に、

思ったよりいいんじゃないのか
高級物件に比べても遜色ないのに安い

という事から
価格上昇率が大きかったのではないかと思ってます。

人気物件の陰に隠れた良物件だったって事ですね。
アイコン

今回のランキングは、最終の結果のみですが、
各物件の詳細なデータ並びに、特徴をまとめた全データの用意もございます。

詳細データについては・・・

フルデータは会員登録の方のみ

詳しい比較調査データは、会員の皆様のみ公開致します。

【特典】
会員登録兼ガイドブックプレゼント
https://guide.hale-hawaii.com/

今後は当サイトで記事には出来ない様な情報やデータについては、会員のみにご提供していくスタイルとなります。
この機会に是非上記リンクよりご登録下さい!
アイコン

ハワイ不動産のキホン!が詰まった資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.com/

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧