ディスカバリーベイ購入徹底ガイド|ワイキキコンドミニアム探訪

ワイキキ西側のツインタワー型コンドミニアム


今回のワイキキ不動産探訪先は、ワイキキ西エリアに位置する、ディスカバリーベイです。

アラモアナ大通りに面して、ヒルトンハワイアンビレッジ、アラワイヨットハーバー、アラモアナセンターなどにも近いロケーションでハワイ長期滞在先としてこのコンドミニアムに滞在される方も多い人気のコンドミニアムの一つです。





ディスカバリーベイ基本情報

建物外観は2本の高層タワーが特徴的です。

名称:ディスカバリーベイ
築年:1977年築
階数:42階建て 
戸数:666戸
共有施設:BBQ, Exercise Room, Pool, Resident Manager, Sauna, Security Guard, Trash Chute, Whirlpool
権利形態:借地権(LH)

ディスカバリーベイ販売物件情報

ディスカバリーベイ販売中物件一覧
情報元:Hicentral MLS

共有施設





商業施設も多数入っております。目の間にABCがあるのでちょっとした買い物の便利。
近くには、ヒルトンハワイアンビレッジもあり、リゾート感もあるエリアですね。

またプールもフィットネスも一通り揃っています。アメニティデッキにいくとオーシャンビューも愉しめます。




ディスカバリーベイお部屋事例

ペントハウス

ペントハウスは最上階という事で、天井が他の階層と異なります。
見て下さい!このガラス張りの天井!






眺望もこの通り大変気持ち良いものです





一般的なお部屋




スタジオでも比較的広めのタイプですので、コスパを考えるとスタジオ狙いというのも手です。
写真は1BEDユニット事例で、お部屋毎にリフォームされている事もあり、実際に現地をご覧になってからお部屋選びをするのが良いでしょう。

ラナイが広め

ディスカバリーベイのラナイは広めで、お部屋くらいの大きさがあります。


お部屋によっては、ラナイを居室にリフォームしている例もあります。

こんな人が向いている

ディスカバリーベイは全戸借地権の物件です。

借地権ですので地代が毎月掛かります
また、期限が2039年までと定められている為に、借地期限が到来した時にどうなるのか?

土地の所有者の過半数は、Bank of Hawaii Trust と、バンクオブハワイ系が所有している為に
将来何らかのアクションがあるのではと思いますが、今の所未定です。

借地権は周辺の所有権物件に比較したら安く購入する事が出来るのがメリットです。
この為

ある一定期間だけ別荘使用したい

など、期間を定めて使用する事が前提の場合は、
メリットと言えましょう。

例えば
数年間、留学、長期滞在など少人数で・・
2LDKを賃貸で探すと、まともなのは
3000ドル以上は出さないと借りられません。

こういったケースの場合。
初期費用こそ掛かりますが、借りるより維持費が安く抑えられるのです。

所有の際のランニングコストは
管理費、地代、保険代、TAXなど
掛かりますが、賃貸より安いというのがポイントです。

参考サイト(ディスカバリーベイの賃貸情報)
https://honolulu.craigslist.org/search/oah/apa?query=discovery+bay&availabilityMode=0

この様に、ディスカバリーベイは借地権ですが
資産背景や、使用目的によっては充分メリットを享受する事も可能です。

ディスカバリーベイ販売物件情報

ディスカバリーベイ販売中物件一覧
情報元:Hicentral MLS
ワイキキにはロケーション、権利内容、広さでも様々な物件があり、目的と予算に応じて選ぶべき物件が異なります。
ご自身がどの様な物件が合うのか分からない場合にはお気軽にご相談下さい。

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.net

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧