ワイキキの不動産マーケット回復は本物なのか検証

3月の好調は継続してるのか?


2021年3月は、一気に成約件数の回復が見られたワイキキエリアですが、
果たして一時的な反動的なものだったのか?

継続的な傾向なのか、4月のデータで検証してみます。

関連記事


まずはオアフ島全体のデータからチェックしていきます
※情報はHicentral MLSより


昨年4月はロックダウンに見舞われたハワイですので流動性が一気に減少しております。
昨年比で見てしまうと、件数・中間値については減少するのは当然ですね。

注目としては、戸建ての成約中間価格が、93万ドルを示している点です。
当然、過去最高値となります。

どこまで上昇するのか。。。注目ですね。

3月(先月)と比べてみます。

戸建ては 361件 コンドミニアムは 616件

でした。
先月に比べると

戸建て 361件 → 392件
コンドミニアム 616件 → 666件

先月(3月)、爆発的に増えた成約件数よりも、さらに増えてます。
3月4月と連続で好調さを維持してますね

ワイキキの動き

ワイキキの状況は当サイトで

「一般的なハワイ不動産マーケットの動向と異なる動き」

と伝えて来ました。
そのワイキキが2021年3月
一気に復調気配を見せてました。

2021年、4月は、どうだったのか

【ワイキキ2021年4月の成約件数】

2021年3月121件
2021年4月128件

ワイキキも絶好調とみて良いでしょう。

昨年と比較するとロックダウン期間との比較になりますのであまり参考になりません。
2019年と比較してみると

2019年 91件
2021年 128件

と、コロナ前よりも成約件数が多い点に注目です。

どんな物件が売れているのか?

ワイキキでは、主に低価格帯の物件が3月から一気に売れてます。
その傾向自体は変化がありません。

ワイキキ
スタジオユニット
賃貸併用も可能な物件
2000万円〜3000万円

この条件で探している人は、今動くべきタイミングが来ていると言えるでしょう。

その他のエリアも個々に見てみると興味深い動向が見られます。
俯瞰的なデータばかりがネットで見られますがハワイ不動産を正しく知る為には
エリア毎の動きもしっかりチェックをしてご判断頂きたいと思います。

詳しくは、個別のご面談を通じて最新情報をご提供しておりますので
お気軽にお問い合わせ頂ければと存じます。

マハロ!

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧