ハワイ不動産は完全回復!?低迷のワイキキもついに上向きへ!

マーケットは好調!史上最高値更新!


2021年に入り、ワクチン接種の開始など明るいニュースも増えた事により、一気に風向きが変わりました。
ハワイの不動産マーケットについては、これまで当サイトでも何度か扱って来ましたが、昨年と今年は大きく変わっている点に注目です。

戸建ての取引価格は過去最高更新へ!

まずは、大きな動きが続いているのが戸建てです。

コロナ禍の中で、密を避けやすい大きな戸建てに需要が高まった事に加えて、米国低金利の後押しで、この所の価格上昇が続いております。

このデータは、2020年の3月2021年の3月を比較したものです。
昨年の3月と言うと、ハワイで新型コロナウィルスの感染拡大によるロックダウンが始まる直前のまだそれ程不動産マーケットに影響が出ていないタイミングのデータとの比較となります。

2020年3月の成約件数が、
303件に対して、2021年3月361件+19%に増加。
取引価格(中間値)も、810,000ドル → $950,000 +17.3% と大きく上昇しております。

数ヶ月以内に、$1,000,000を突破すると見ている方も多くいらっしゃいます。
さて、どうなるのでしょうか

動き始めたら一気に!|コンドミニアム

戸建ての上昇が先行していたハワイですが、一歩遅れてコンドミニアムにも動きが始まりました。

2020年3月の成約件数が、410件に対して、
2021年3月は、616件 +52.7件 と大幅上昇しております

この様な動きの背景としては
米国低金利による金融機関から借りやすい状況がある事と、金利動向も落ち着いて来た事に加え、ワクチン接種の始まりにより、空気感は一気に変わっているとみて良いでしょう。
特にスピード感に勝る、地元バイヤーが積極的に動いていると見えます。

ハワイは異なるマーケット特性

当サイトでは、一般的なハワイ不動産のマーケットレポートで発表される数字と、エリア毎に動きは異なると伝えて参りました。

【参考記事】
ついに本格化!?動き出したハワイ不動産マーケット事情を検証する
新型コロナウィルスのハワイ不動産マーケットへの影響
今知っておきたいハワイの不動産市場に起こっている事

特に、リゾートエリアでもあるワイキキは、このコロナ禍では、他のエリアとは異なる動きでした。
では、気になるワイキキの3月はどうだったのか??

なんと、成約件数については、昨年比  183% です。
前述のオアフ島全体のマーケットの動きと異なっている点はポイントです。
回復途上と、先月まではそう見ておりましたが、思っていた以上に早くワイキキの回復が起こっているものと思われます。
ワイキキ派の方にとって、この先の数ヶ月の動きは注目です。

余談を許さないコロナ禍事情

とは言え、オアフ島は新型コロナウィルス感染拡大が完全に終息した訳ではありません。
最新情報でも人口比で言えば、日本の状況とそう変わる訳ではありません。

いつステージが悪化して再度のロックダウンが起こるとも限りませんが、今のハワイ州政府の動向を見ている限りよっぽどの事が無い限りは、このまま緩く感染をコントロールしながら経済を動かしていきたい事がわかります。
この春休み期間、米国の国内旅行が一気に回復して、連日ワイキキは賑わっており、ハワイらしさを久々に感じています。
このまま活気を取り戻してもらいたいものですね

ワイキキではどんな物件が売れていたのか?

昨年比183%アップとなると、気になるのはどんな物件が売れていたのか?です
以下のデータは、米国のエスクロー会社である、タイトルギャランティーエスクローサービス社からのレポートです。

左側の数字は、どのエリアが売れたのか?
という数字ですが、ワイキキ、カカアコエリアがオアフ島の中でも販売件数で突出している事がわかります。

続いて、右側が売れた物件ですが
販売件数ベスト10にワイキキの物件が4件ランクイン!!
先月(2月)と比べても一気にワイキキの物件も売れ始めてます

3月に売れた人気のワイキキ物件検索

ランクインした物件は以下です。
(※物件名をクリックすると販売中の物件一覧がご覧頂けます。外部にリンクします)
2位ワイプナ
4位イリカイ
6位アイランドコロニー
7位ディスカバリーベイ
皆様が気になっている物件はランクインしていたでしょうか??

マーケット動向詳細はオンライン面談にて!

今、ハワイが気になっている人は、このタイミングはとても重要です!

困った事に!? ハワイの中でもエリア毎、物件毎に動きが異なるので、ネットで検索していても詳しく解説されている記事を見つけるのは困難でしょう。
そこで、個別面談がおすすめです。

気になる情報をピンポイントでお答えしますので、短時間で知りたい事を知る事が出来ます。
これまで多くの方にご利用頂いており、お気軽にお声がけください。

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧