2021年2月ワイキキで売れた物件とは?

徐々に動き出したハワイ、ワイキキはどうだったか?

新型コロナウィルスの影響で、どうなったハワイ?をテーマにした記事はこれまで何本か書いておりますが、本日はまた少しだけ切り口を変えておおくりしてみたいと思います。短めの記事ですので最後まで読んで頂ければ嬉しく存じます。

情報元:タイトルギャランティーエスクローサービスより

関連記事


どのエリアが売れていたのか?

まずは、この2月エリア毎の売れ行きをヒートマップに示したものです。


一際赤く濃い色になっているのがホノルルを中心としたエリアです。
このデータは、コロナだから問わず、人気のエリアですので、傾向としては例年通りだと思います。

エリア毎の販売件数

実際の販売件数は以下


流動性がまだまだ前年比に戻っていないとは言え、人気のワイキキを中心に売買がされていると言えます。

この2月ハワイで売れた物件(コンドミニアム)は?

次にこの2021年2月中に、売れたコンドミニアムのランキングが以下です。


1位 14件成約のHALE KA LAEハワイカイにある新築コンドミニアムです。
現在販売中の物件ですが見事1位。

カカアコの新築に比べるとこの価格帯に割安感あるのでしょうかね
https://halekalae.com/

現在他にも販売中ユニットもございますので、お問い合わせはお気軽に頂ければと存じます。

さて続けて見ていきましょう。

KEAUHOU PLACE 6件
ケアウホウプレイスはダウンタウン寄りのカカアコエリアに建つ、竣工したての築浅コンドミニアムです。
商業施設との複合型で、ダウンタウンに近い事から、地元のバイヤーに人気のコンドミニアムですね。


ケアウホウプレイス公式サイト
ケアウホウプレイスの販売中物件一覧はこちら

MAKAHA VALLEY PLTN 5件
このエリアは格安物件探しの時に必ず出てくるマカハエリアです。安さで売れているのでしょうかね。

マカハバレーの販売中物件一覧はこちら

QUEEN EMMA GARDENS 5件
こちらの物件もダウンタウン寄りの地元向けコンドミニアムですね。やはり居住用物件は売れていますね。

クイーンエマの販売中物件一覧はこちら

THE COLLECTION 4件
カカアコエリアの海側に近い場所で、目の前に人気商業施設「ソルト」があるコンドミニアムです

価格、Quality、ロケーションのバランスが非常に良い物件ですね。私は個人的にも好きな物件の一つです。
人気はやはりダイヤモンドヘッド側のラナイが付いているユニットです。
ザコレクションの販売中物件一覧はこちら

MAKAKILO CLIFFS 4件
マカキロという、ホノルルからは西側、コオリナ方面にいった中高台に広がる住宅地です。地元向けのタウンハウスで所謂実需向けの物件です。
この時期ですから、環境の良いエリアの物件を居住用に買っておきたいという方が多いのでこうした物件は売れているのでしょう。

マカキロクリフの販売中物件一覧はこちら

CENTURY CENTER 4件
今回意外なランクインだったのがこのセンチュリーセンターです。アラモアナの一番ワイキキ寄りの外観がホクアみたいにガラスで覆われた細長い特徴的なビルです。

オフィスと居住用の混在する珍しい物件です。地元の方からするとドンキホーテも近く生活するのは利便性の高い物件ですね。

センチュリーセンターの販売中物件一覧はこちら

ILIKAI APT BLDG 4件

このコロナ禍の最中でも、堂々ワイキキからランクインしたのが、イリカイです。
ワイキキを象徴するコンドミニアムのひとつイリカイは古くから欧米人に愛されてきた由緒正しい!?物件ですので、このコロナ禍でも欧米人を中心に買われたのでしょうか。

イリカイの販売中物件一覧はこちら

CAPITOL PLACE 4件
キャピトルプレイスはダウンタウンに近いエリアのコンドミニアムです。ほぼ、ダウンタウンと言っても良い感じです。
地元の大手デベロッパーが手がけた建物で、あの会社の物件なら・・と指名買いをする位の安定した人気のコンドミニアムです。

キャプトルプレイスの販売中物件一覧はこちら

ISLAND COLONY 4件
ワイキキから2件目のランクインはアイランドコロニーです。

当サイトでも、イリカイ、アイランドコロニーは定番コンドとして何度か取り上げる位の物件です。場所、Quality、建物共有施設、販売価格帯とどれをとってもちょうど良いバランスを誇る、多くの方に愛されるコンドミニアムですね。

アイランドコロニーの販売中物件一覧はこちら

2月でワイキキで最も売れた物件は

イリカイとアイランドコロニーという結果でした。


まだまだ前年に比べると流動性は戻っていないワイキキではございますが、このタイミングでも物件の取引は行われております。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さい

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧