コロナ禍のハワイ住宅バブルは崩壊するのか?

金利上昇で住宅ブームも鈍化

米国のコロナ禍での住宅ブームによりこの1年間で米国の住宅価格は、過去1年間で、住宅価格ば上昇(20.6%)してますが、それに対して所得の伸びは(4.8%)です。伸び率の差は4倍にも開いています。

この事で、住宅価格が高すぎるのでは?
という懸念が聞かれる様になりました。

FORTUNEの記事によると

見出しには、
Keep an eye on these ‘overvalued’ housing markets as the housing boom implodes
住宅価格が適性価格を上回る過大評価に注意せよ というなかなか刺激的な内容です。

記事:https://fortune.com/2022/05/31/is-housing-market-bubble-which-markets-overvalued-home-prices/amp/

Those “overvalued” housing markets now face a test. Mortgage rates, which have jumped from 3.11% to 5.1% over the past five months, have pushed the housing market over the top. New home salesexisting home sales, and mortgage applications are all plummeting. Inventory is rising fast, as are the percentage of home listings cutting their price.

崩壊は直ぐに起こる訳ではないが・・

記事としては、崩落が直ぐに起こるという事ではなく、
過去の経験則より、危険な兆候が見られるというニュアンスのものです。

今、起こっている事は
金利が、住宅ローン金利が直近で5%を超えるまでになり、一般的なサラリーマン所得ではローンの借り入れが出来ないケースも増えてます。
これにより米国の住宅市場の流動性の低下は否めない状況です。

ハワイの状況は?

気になるのは米国の中のハワイはどうなのだろうかという点です。

記事の中では、392の地域のうち、96%は、相場が過大評価になっているとしております。
ハワイも当然、過大評価としてカテゴリされております。

この記事をどう捉えるか?
で判断は大きく変わりますが

住宅地としてのハワイ



リゾート地としてのハワイ

が混在しており、ハワイ全体では米国本土と傾向は変わりませんが
それぞれのエリアで動きが異なります。
この点は、2020年からのコロナ騒動始まって今までの動きで押さえておくべきポイントです。

戸建は注意が必要

特にハワイでコロナ禍で最も価格上昇率の高かったのは戸建です。
ハワイの戸建の場合は、記事の通り、過大評価されている可能性は高いと言えます。

2021年の1月から12月の成約価格の推移は
882,000ドル → $1,050,000 +19%

Jan $882,000
Feb $900,000
Mar $950,000
Apr $928,000
May $969,775
Jun $960,000
Jul $1,000,000
Aug $1,038,250
Sep $1,042,000
Oct $995,000
Nov $1,050,000
Dec $1,050,000

2022年からは +9.5%

Jan $1,050,000
Feb $1,100,000
Mar $1,134,500
Apr $1,108,000
May $1,150,000

と、2021年5月~2022年5月で、18.58%の増加となっているので米国全体に近い上昇率です。
一方、コンドミニアムのこの1年間の上昇率は、12.2%です。
一戸建てに比べて、上昇率は低いデータです。

ハワイのコンドミニアムは価格が上がっていないのでしょうか?
なんて思ってしまうデータですね。

ワイキキエリアの上昇率

それでは、エリアをワイキキ区切って見てみましょう。
(2021年5月~2022年5月までの成約中間価格)

ワイキキのコンドミニアムの上昇率はなんと、
19.8%となりました。
なかなかの上昇率ですね。

ワイキキのコロナ前と今を比較

それでは、コロナ騒動が始まった、2020年3月と今の2022年の5月を比べてみましょう。

データは同じく、成約中間価格

2020年3月 $425,000
2022年5月 $420,000

上昇率は▲1.1%と驚きの数字になります。
観光客に影響を受けやすいワイキキならでは数字とも言えますね。

居住用の物件とワイキキは違う

これらの事から、表に出てくるニュースと、実際の動き異なるという事が分かりました。

ハワイでも、

居住用の一戸建て
郊外の戸建て
主にロコの居住向きの物件

には

今後、記事の様な事も起こり得る可能性はあります。
ただしワイキキ含めたリゾートエリアはちょっと違う動きになるでしょう。

この辺りを押さえつつ、ハワイの検討をしてみて下さい。

ハワイ不動産のキホン!が詰まった資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.com/

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

 

関連記事一覧