ハワイ初の星野リゾート系ホテル|サーフジャックホテル宿泊レポート

ハワイで星野リゾートをお気軽に堪能できる

星野リゾートと言えば、「星のや」「界」など、旅好きの方には知らない人はいないと言えるほど有名なホテルブランドを展開している会社です。私は、めったに泊まれる機会のないホテルです。
https://www.hoshinoresorts.com/
その、星野リゾートブランドがハワイに進出!!という事で注目しておりました。

ただし、サーフジャックホテルは、星のやでも界のブランドではなく、既存のホテルを買い取った「サーフジャックハワイ」として展開しております。
サーフジャックホテル公式サイト
星野リゾート公式サイト内のサーフジャックホテル

サーフジャックホテルのある場所はワイキキの中心地から直ぐのまさに好ロケーションです。


ワイキキ派の方なら満足度高い場所ですね。
カラカウア大通りに面している高級ブランドの「ルイヴィトン」のお店の角をアラワイ運河の方に曲がった通りがルアーズ通りで、この通りをアラワイ運河の方に進みます。


そしてクヒオ通りを渡ったすぐの場所にあります。


近くには、コンビニ、飲食も点在しており滞在先としては大変便利この上ないですね。並びにありますベトナム料理はおすすめです。

ハワイっぽさ全開の雰囲気!!

一歩、ホテルの敷地に足を踏み入れると直ぐに受付けロビーがありますが、踏み入れたとたんそこには南国ムードがムンムンです!



星野リゾート系と言っても、受付やスタッフさんは会った人全員米国人だったので、「日本語が通じる」という感じでは無さそうです。。その点ヒルトンは凄い・・(苦笑






受付を抜けた「中庭」には、小さいながらも日差しが入り込むプールや、ショップ、おしゃれなレストランバーなどがこのプールを囲むようにあります。


ホテル内はすべてポップなリゾート風の雰囲気ですので、仕事で来ている私としては、場違いなホテルに泊まってしまったかな・・と思うくらい、ここはハワイ!です。

嬉しいコーヒーサービス

撮った写真が見当たらないのでご紹介出来ないのが残念ですが、宿泊者向けのサービスとして、毎日、サーフジャックホテルの「オリジナルコーヒー」を無料で楽しむ事が出来るのは滞在中、地味に嬉しかったです。というかポイント高いです!

費用目安|バンガロータイプ

今回、私が宿泊したのは、バンガローというお安いタイプのお部屋です。
宿泊費の目安は
公式サイトを見てみると、4月のやや閑散期のレートで、1泊3万4000円位となってます。


私は、2月にエクスペディア経由で利用を致しました。
その際は、1泊あたり17,446円でしたが、エクスペディアの様な格安ホテル検索サイトでウェブ決済をしていても、宿泊費以外に、現地ではアメニティフィーや州税が掛かります。
参考までに2泊した際の追加費用は
$57.5がチャージされてました。
この辺りは一般的ですかね・・

お部屋チェック!

さて早速お部屋(バンガロータイプ)をチェックしてみましょう。

お部屋タイプ

その他のお部屋タイプは公式サイトで確認して見ください!
https://surfjack.jp/rooms/
今回利用したバンガロータイプは、一番スタンダードなタイプです。




建物自体は古いのですが全体的にリノベーションが施されているので、清潔感は合格点。


定員は、4名までとなっております。ご家族でも充分使える広さです。
一人あたりに換算して宿泊費を考えると結構安い宿泊費だと思います。

ホテルからの眺望は・・

この宿泊費ですから、あまり「眺望」は期待はしておりませんでした。
流石にオーシャンビューなんて有るわけないです(苦笑
しかしシティビューも素敵ですよね!
さてどんな感じでしょう。





まぁこんなもんでしょう・・・ね

アメニティや水回りのチェック

私にとってお部屋の重要なポイントは清潔感はもちろんですが、実は、ホテルでのPC作業の環境です。
ホテルに持ち帰ってパソコン作業も時差の関係でどうしても発生します。
今回のバンガロータイプをお部屋の一番残念ポイントは
パソコンを広げて作業出来るスペースと設備が一切無いのです・・


バルコニーにあるテーブルと椅子だけしかないのです。座り心地悪いですが・・
これではホテルで作業が捗りません。残念です。
気を取り直して、その他をチェックしていきましょう!

洗面台



ハワイっぽい雰囲気です。
最低限のアメニティは揃ってますね。

浴室とトイレチェック

続いてこちらも重要なポイントの浴室とトイレのチェックです。



シャワータイプのみです。私は浴槽は不要ですが、人によっては物足りないかも知れません。


この辺りの清潔感は・・・致し方ないですかね・・
そして、いよいよ、トイレですが・・・ウォシュレット・・・流石に・・・


ウォシュレットでは無かったです。残念・・・
その他、クローゼットも広くはありませんのでスーツケースは玄関脇に置いて置けるスペースは少しあるので、うまく置けば何とかなりそうです。4名MAXの場合はきついかも知れません。


お隣に注意!?

今回のお部屋は、隣のお部屋とはドアで繋がっているコネクティングタイプです。


建物の古さ+コネクティングタイプ
そうです。
隣の音が気になります・・・
今回の滞在時のお隣様は、アジア系のファミリーでしたので子供の声が深夜まで聞こえて来ておりました。この辺りは致し方ないですね。

ほっこりポイント

決してお洒落という訳ではありませんが、お部屋にはホテルからの手書きのメッセージが残されておりました。少し嬉しい感じがしました。

古さは否めないが、お手頃にアロハスタイルを楽しみたい方

セキュリティ的は、エレベーターはカードをセンサーにかざさないとボタンが押せない仕様ですが、実際には外階段で普通にフロアまで上がってこれるので意味が無いかも知れません。



やはり建物の古さはどうしても感じてしまいますが
無理に、都会的に仕上げているのではなく、ハワイらしい雰囲気に仕上げているので、無理していなくかえって、良い雰囲気のホテルでした。


この記事をご覧頂いた方に少しでも参考になって頂ければ幸いです。

マハロ!
編集:ハワイ不動産投資らぼ 管理人 新井
※不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。

関連記事一覧