ワイキキコンドミニアムのラナイの広さランキング発表!

ワイキキのラナイ(バルコニー)を勝手にランキング!

ハワイでどうやって過ごすのが好きですか?
と尋ねた時に、ランキング上位に入るのが、「バルコニーでくつろぐ」というのを挙げらる人気ポイント

そんなバルコニー(ラナイ)で過ごすハワイ。
現在販売中の物件でラナイの広い物件を探して比べて見る企画です。

物件の善し悪し関係無し!
ただ広さでの比較ですので、ゆるい感じでご覧ください

ワイキキ ラナイの広さランキング

当記事のデータは現在(2021/06/10)販売されている物件を条件にしてます。

※ワイキキエリア
※権利形態が所有権
※情報元:Hicentral MLS 
※ステータス:Activeのみ
※2021/06/10現在

第10位

10位と11番目の物件が同じタイプでしたのでまとめて10位として発表します。
物件は、ザリッツカールトンレジデンスワイキキから2件です。

ザリッツカールトンレジデンスワイキキは、目の前に広がるフォートデラッシー公園越しの海と空を愉しめる眺望が特徴ですね!
それを大きなラナイで愉しめるというのは何とも贅沢です。

10位)ザリッツカールトンレジデンスワイキキ #3505
ラナイ面積:279sf 約25.89平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202007468
*成約になっている場合がございます。


お部屋の広さ:1,603sf

10位)ザリッツカールトンレジデンスワイキキ #3505
ラナイ面積:279sf 約25.89平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202104598
*成約になっている場合がございます。
お部屋の広さ:1,603sf



<一言コメント>
当物件のバルコニーは、ラウンドデザインのタイプで、横には広いのですが、奥行きが無いのがちょっと残念、
面積の数字は広いですが実感としては数字ほどの広さは感じないかも知れません。

第9位

続いて9位は、ワイキキのラグジュアリーコンドミニアム代表格のトランプタワーワイキキがランクイン。
このランキング常連のコンドミニアムですね。前回は、ペントハウスが堂々の1位を獲得しました。
また、同じ広さの物件がもう一つ、ザリッツカールトンレジデンスワイキキがまたまたランクインです。

9位)トランプタワーワイキキ #3110
ラナイ面積:288sf 26.72平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202023573
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:2,050sf



<一言コメント>
先程のリッツカールトンレジデンスワイキキとは異なり、こちらは数字こそ上ですが、
お部屋についているラナイが分かれており、全体の面積で8位となりました。体感としては<広さ>は感じづらいですね。
とはいえ、トランプタワーワイキキのロケーションにこのバルコニーで過ごすと本当に気持ちいいのです!是非皆様には一度体感頂きたいものです。
数字よりも記憶に残る素敵なバルコニーでしょう。

同9位)ザリッツカールトンレジデンスワイキキ #2708
ラナイ面積:288sf 26.72平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202028205
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:1,200sf



<一言コメント>
横に長いタイプのバルコニーで奥行きがないタイプですが、やはりこの眺望は素敵です。
丁度良い広さで、第10位で紹介したお部屋よりも価格が安いのでバルコニーコスパが良さそうです。
そんな言葉はありませんけど・・・

第7位

続いて、7位は、またまた、ザリッツカールトンレジデンスワイキキが登場です。
売り物件が多いので、この様な結果になってしまってますね。。。

7位)ザリッツカールトンレジデンスワイキキ #3502
ラナイ面積:298sf  27.65平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/201917345
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:1,606sf

<一言コメント>
既に出ているザリッツカールトンレジデンスワイキキのお部屋と少し違うのはややスクエアな感じの横長ラナイ(バルコニー)タイプですね。

第6位

続いて6位は、1717アラワイというコンドミニアムです。
ワイキキエリアの中でも最もアラモアナに近い西側で、アラワイ運河を見下ろす位置です。
今回、ランクインしたお部屋は、ペントハウスタイプです。

やはりどこの物件でもペントハウスは特別ですね
6位)1717 Ala Wai ペントハウスI-4
ラナイ面積:300sf 27.84平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202113320
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:1,606sf


<一言コメント>
スクエアな横長タイプのスタンダードなバルコニーです。
ペントハウスのお部屋は3方角部屋という解放感!
お部屋を囲い込むようなバルコニーはハワイをいろんな面から愉しめそうです。

続いて、同じ面積で6位にランクインしたのは
クレセントパークという物件です。
ワイキキの東側、カピオラニ公園に程近い、海にも近い好ロケーションの物件です。

同6位)クレセントパーク #1201
ラナイ面積:300sf 27.84平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202113249
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:888sf



<一言コメント>
程よい奥行きと横幅を持つバランスの良いバルコニーですね。海、緑、空をリアルに感じられる好物件ですね。

第4位

またまた、ザリッツカールトンレジデンスワイキキがランクインです。
一体どれだけ物件があるんですか!!!(笑

4位)ザリッツカールトンレジデンスワイキキ #3407
ラナイ面積:303sf 28.11平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202025491
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の広さ:888sf



<一言コメント>
ラウンドデザインではありますが、今回紹介している他のお部屋とは少し異なります。ただし奥行きはそれ程ある訳ではありませんが、やはりこの眺望は素敵です。

第3位

さて、いよいよベスト3の発表です。
今回の調査で栄えある3位にランクインしたのは
ワイキキランドマークです

ワイキキランドマークはワイキキの西側の玄関口に建つアーケード風の面白い形の建物です。

3位)ワイキキランドマーク #3701
ラナイ面積:349sf 32.38平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202100674
※物件は成約となっている場合がございます。
お部屋の面積:2,792sf



<一言コメント>
ルーフバルコニー風で、広さ、幅、奥行きとも使い易そうな感じです。ソファーまで置ける広さで充分!夜も夜景を楽しみながら・・というシーンも良さそうです。

第2位

ここまで、似たような面積が続いてましたが、ようやく「らしい」のが登場。
物件はルアナワイキキという、ワイキキ中心地に程近い物件です。

2位)ルアナワイキキ #206
ラナイ面積:624sf 57.9平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202103842
※物件は成約となっている場合がございます
お部屋面積:676sf



<一言コメント>
なんと!お部屋の広さと変わらない位の広さです!広い!
バルコニーというよりは、ガーデン風の造りで、【庭】、と呼んだ方が適していそうな位の作りと広さですね。
これまた一風変わったバルコニーで素敵です。

第1位

そして、今回の調査で栄えある1位の物件は、、
ケアラニというコンドミニアムでした。

ワイキキのやや東側エリアで、アラワイ運河に面している物件です。
そのペントハウスです。

1位)ケアラニ ペントハウス
ラナイ面積:3,846sf 356.9平米
https://propertysearch.hicentral.com/HBR/ForSale/?/202101220
2位までのラナイ面積を引き離して一気に別次元の広さです。
お部屋の面積:3,550sf




<一言コメント>
一気に、広さの桁数が変わってしまって、反対に、このバルコニーで一体何をしたら良いのか?
と戸惑ってしまう位の広さですね。
この広さがあれば、大人数を呼んでのホームパーティーが楽しそうです。この使い切れない程の広さを貴方ならどう使いますか?

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございます。
今回の調査では、10位から6位くらいまで似たような物件が続いたので、ボツ企画になるのかとハラハラしましたが何とか最後にビックリするような物件にも出会えました。
当該ランキングは調査毎に変わると思いますので、
あくまでも参考までにご覧頂ければ幸いです。

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧