ハワイの失業率の推移

ワクチン接種の進むハワイの最新動向

新型コロナウィルスの感染拡大により、経済的に大きなダメージを負ったハワイですが、著しく回復に向けて動いてます。

と、言われてますが

本当?

なのか気になります。

経済が好調なら、失業者の数もきっと少ないはず!
という事から、ハワイの失業率について調べてみたいと思います。

失業率の推移

コロナ禍が始まる直前のデータから見ていきたいと思います。
情報元:UHERO

2020年1月 2%
2020年2月 2.1%
2020年3月 2.1%

2020年4月 21.9% 第1回目のロックダウン!
2020年5月 21.9%
2020年6月 14.1%
2020年7月 14.1%
2020年8月 14.1%
2020年9月 14.8%
2020年10月 14%

2020年11月 10.3% 米国内旅行制限緩和
2020年12月  10.3%
2021年1月 10.3%
2021年2月 9.2%
2021年3月 9%
2021年4月 7.6%
2021年5月 6.1%
2021年6月 5.5%

今年に入って、失業率が低くなってきているのが分かります。
働く人が多くなったという事は、経済活動が本来の姿に戻りつつあるという事です。

5月度の米国全体の失業率は、5.8%(米国労働省発表数字6/7)

とは言え、2020年コロナ前は、2%前後だった事を考えると
もう一息といった所です。

失業者が多い事の弊害

働く人が少なくなってしまし、飲食、レジャー関連のスタッフ不足がハワイでも起こっており、もちろん感染症対策で入場制限などもあり
ワイキキアラモアナ周辺では、特にレストランはなかなか気軽に利用が出来ない位の状況です。

レンタカー事情も困った!

観光にいった際に、必須となるレンタカーも観光業の減速を受けて、大手レンタカー会社も倒産するというニュースもありました。

米レンタカー大手「ハーツ」がコロナ破綻、連邦破産法11条の適用を申請、日本など海外現地会社は事業継続
https://www.travelvoice.jp/20200525-146242

ハワイでも、ハーツレンタカーと言えば、メジャーです。
また、ニッポンレンタカーも現在休業中です。

クルマも少ない、働く人も少ない

これが現状です。

ワイキキエリアでは、借りられるお店が殆どありませんので、空港で借りる事になります。
台数も以前に比べると少なくなっているので、ご予定を組まれている方は早めに予約をするなどした方が良いかも知れませんね。

私のお客様も多くの方が予約は入れているのですが
いかんせん、帰国時のハードルが高いので泣く泣くキャンセルされる方もいらっしゃいます。
一日でも早い制限の緩和が待ち望まれます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.com/

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com/

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧