タイムシェアでハワイを楽しむ方法が合っている人とは?

タイムシェアって何?

タイムシェアとは、コンドミニアムの1室を52週分けて共同所有をする不動産です。
不動産の所有者は、年間に1週間だけ使用する権利を所有します。
52人(権利数)で共有する不動産ではあるものの、利用方法として、権利の種類毎に異なりますが、付与される「ポイント」を予約内容に応じてポイントを使用し宿泊予約をします。
不動産として登記もありつつ、リゾート会員権の様な側面も持ちます。
リゾート会員権と不動産所有の中間と思って頂ければと存じます。

ハワイの代表的なタイムシェアリゾートとは

オアフ島にはタイムシェアリゾートはいくつもあります。

ヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)
ウィンダムバケーション
マリオット
ディズニーアウラニリゾート

が有名なタイムシェアリゾートです。
日本人にとって馴染みのあるのは、ヒルトンやディズニーです。
ヒルトンタイムシェアの販売は、日本国内でも大きめのアウトレットモールやヒルトンホテル系列でもブースが出ていて募集しているのを目にする事も多いですね。

ヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)の例

th_IMGP6583

th_IMGP6593

リゾート物件の間取りの広さや利用出来る権利種類に応じて付与されるポイント数やタイミングが変わり、利用方法まで含めるとかなり難解な仕組みです。
1回聞いただけでは一般の方が理解するのは難しいと言わざるを得ない位です。
しかし、何故か勢いでタイムシェアを購入する人が後を絶たないのも事実です。
ヒルトンのタイムシェアのお部屋は大変クオリティも高いので、
ハワイでタイムシェアの説明を聞いて盛り上がってしまう人の気持ちもわかります(笑
th_d853d857d9f392fe6f7cac2137f3cd38_m

ポイントの付与タイミング

利用する際に必要となる「ポイント」について解説します。
付与されるタイミングは

毎年利用
隔年利用(2年に1回)

利用出来る期間が定まっているのですが、複数の種類があります。

利用出来る期間が定まっている固定週
利用出来る期間が定まっていないフロート週
その他特定の時期(閑散期)を指定

に分かれます。

利用出来る期間が定まっていないフロート週

th_pose_4_mika

一見すると、好きなタイミングで自由に予約が取れる「フロート週」は魅力に映ります。
しかし、実際の所、「繁忙期には予約が取りづらい」という苦情も多く聞きます。
約4万組とも言われるヒルトンタイムシェアの日本人オーナー様の休みが重なる繁忙期に予約が集中するのは致し方ないですが、希望者全員を受け入れられる程の部屋数も無いためにこの様な事が起こります。
よって、繁忙期に確実に予約を取るには、繁忙期に固定的に予約が入っている「固定週タイプ」を選ぶのが得策となります。
固定週であればポイント発生する付与年には、予約が確定で入っているのです。
th_f49e88f4320ecb8ece86148a2fff2c8a_m

夏休み期間、クリスマスから年末年始期間などはやはり人気もあり、販売価格も高めになります。

こんな人が合っている

th_insurance_3_mika

オアフ島のヒルトングランドバケーションクラブ(HGVC)の場合、ヒルトンハワイアンビレッジ内にあるタイプと、ワイキキ中心地にある物件に分かれますが、何でも揃っているヒルトンハワイアンビレッジか、周りに全部揃っているワイキキか、好みは分かれるところですね。

ヒルトンハワイアンビレッジにあるタイムシェア

ヒルトングランドアイランダー
ヒルトングランドワイキキアン
ヒルトンカリアタワー
ヒルトンラグーンタワー
 

ワイキキエリアにあるタイムシェア

ヒルトンホクラニワイキキ 
ファミリーならばヒルトンハワイアンビレッジの方が便利だと思います。
ワイキキ中心地に建つ、ホクラニワイキキには大きめの2BEDの設定がないので、大人向けのタイムシェアとも言えます。
ワイキキ派の方には、建築が予定されている新しいヒルトンタイムシェアリゾートの販売を待ってみるのも良いでしょう。

おすすめポイント

ヒルトンのタイムシェアの何が良いかって、お部屋は高級ホテル仕様で、ヒルトンのホテルサービスも受けられる為に、ハワイ滞在時には高い満足度が得られます。


厳密に言うと、ホテルではないので毎日のクリーニングサービスなどが毎日付くわけではありません。リクエストすればもちろん利用可能です。
実際に利用してみた感想も別の記事に投稿しておりますのでお時間あったら是非ご覧ください!

タイムシェアとコンドミニアム購入どっちがいいの?

一方、同じハワイへの投資と考えた場合に、居住用のコンドミニアムを購入したとしても当然ホテルサービスは付いてません。
また、お部屋内の装飾レベルはコンドミニアム(物件毎に)それぞれです。
お部屋のクオリティについて比較するならばタイムシェアに勝つのは相当の高級レジデンスを購入しないとなりません。
これだけ見ればタイムシェアが良いのですが、さらに取得時の投資額には大きな違いがあります。
th_IMGP6730

ざっとした比較となりますが
購入時の価格差は、ヒルトンタイムシェアを例として上げると
タイムシェアを購入するのと、ほぼ同レベルのお部屋の広さを所有権のコンドミニアムで購入すると、その投資額は10倍以上掛かります。
【あくまでも目安です】
タイムシェア1LDK フロートタイプ 200万円〜 ※権利の内容により異なります。
ワイキキコンドミニアム1LDK 築浅リフォーム済み 50万ドル以上〜80万ドル
購入価額差が10倍以上も差があるのでは、どっちが良いかなんて
比較すべき対象と言えるものではありません。。。

維持コスト比較

毎年の維持費については、タイムシェアの場合、所有するお部屋の大きさにより異なりますが、
年間管理費$1000〜$3000が目安となり、その管理費を支払う事でポイントが付与され、1週間(7泊分)の利用が可能です。
管理費と呼ばれるものには
建物自体の管理費や修繕、水道、電気、固定資産税、保険など含まれています。
コンドミニアムの場合は
毎月5万〜10万円(年間60万円〜120万円)さらに固定資産税、電気代など維持費用も掛かります。

利用出来る期間は限りあり

タイムシェアの場合は、7日間の宿泊の権利、または保有するポイント数に応じた日数しか利用出来ませんので、長期滞在に利用するにはあまり向いてません。例えば、年間2〜3ヶ月もハワイを楽しみたいとなると、相当のポイント数を購入しておかねばなりません。コンドミニアムの場合は、いつでも滞在出来るビザの範囲まで目一杯いる事も可能です。この点は大きく異なります。

ホテルとの比較

2部屋(2BED)もあるようなワイキキエリアの高級ホテルを借りると、最低1泊あたり$400以上はコストは掛かるでしょう。
トランプタワーワイキキやリッツカールトンレジデンスワイキキで2ベッドタイプとなると、それこそ、1泊10万円以上はする筈です。
その様なホテルをご家族単位で借りる事を考えると、タイムシェアを購入する事もお得に感じる事でしょう。
1泊10万円×7日間=70万円
タイムシェア管理費、年間20万円〜30万円として比較・・・

<結論>

ハワイ旅行の宿泊先のグレードを従来に比べてワンランクアップし、
かつ、それを長い目で見て「割安に楽しみたい」という方には合っていると言えましょう。
th_th_IMGP1153

*写真はヒルトングランドワイキキアン ペントハウスからの眺め

販売デベロッパーから新規購入する方法と、リセールから購入する方法があるが・・・

th_insurance_13_mika

ヒルトンなどのリゾートデベロッパーから直接購入する場合と、リセール市場から個人間で購入する方法があり、その大きな違いは「価格」です。
個人間の売買の場合(リセール)は。物件によっては、なんとデベロッパーから購入するよりも半額以下で割安に購入出来る事すらあるのが、リセールの特徴であり魅力でしょう。
じゃあ、リセール物件いいじゃないか!?
と思いますが、注意点としてはリゾートによっては、
デベロッパーからの購入者とリセール購入者で、差がある場合がございます。
新規購入のオーナー様には利用出来て、リセール購入オーナー様には利用出来ない権利(特典)があったり、購入先でサービス内容に差が出る部分もありますので、手放しで喜んで良いという訳でもありませんので内容の違いを確認する必要がございます。
th_appliances_22_rika

例えば、
ヒルトンの場合、「アップグレード」という購入した権利を上位タイプに権利の差額分で簡単に行う事が出来るのは、
デベロッパーから直接買ったオーナー様だけなのです。。。
【アップグレード事例】
手軽に価格の安目の権利を購入 → 数年楽しんで見て → 大きめの部屋にアップグレード → 新しく販売された物件にアップグレード・・・
あくまでも一つの例ですが、この様な権利の入れ替え物件の入れ替えにも柔軟に対応出来るという点もgoodです。
購入予算がある程度余裕ある方ならば、まずはデベロッパーからの直接購入も良いとは思いますが
割安にハワイをゆっくりと楽しみたい方ならば
初期投資も抑えたいところ。
という事であれば、タイムシェアをリセール市場から購入するという検討は一度はすべきではないでしょうか?
th_105ce8a6b0ffcbadfdab9c0a6a58a711_m

タイムシェアの仕組みや、権利の違いをまで充分理解した上で購入されるのであれば、宿泊する
権利自体には、どっちで購入しても違いはありません。
デベロッパーから購入した1年で7泊出来る権利と、リセールから購入した1年で7泊出来る権利自体には差がないという事です。

タイムシェアリセール活用術!

安く購入で来るという利点は、初めての購入者でも充分メリットは享受出来ますが、今所有されているタイムシェアではポイントがちょっと足りないという場合に、ポイントの追加購入としてのリセール購入は非常に有効な方法ではないでしょうか?
【活用事例】
デベロッパーからの新規購入7000ポイント + リセール7000ポイント

ハワイライフを楽しみましょう!

タイムシェアは非常に難解です。デベロッパーの説明会に参加しただけでは全部を理解出来ないと思います。(きっぱり)
th_96b3cbd00ee9965dbed25e3b444d2621_m

ではどうすれば・・?
何度もセールス担当に疑問点を聞くか、インターネットでも様々な情報を得られますのでじっくり検討してみて下さい。
マハロ!


ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://guide.hale-hawaii.net

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hale-hawaii.com

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧