ハワイコンドミニアム|最近のバルコニー(ラナイ)事情

ハワイで実現したい人気のライフスタイル!



バルコニーで青い海を見ながらゆっくり過ごすのをあこがれている方は多いはずです。
いくつかラナイ付きの物件例を見てみましょう


ディスカバリーベイ


アイランドコロニーのラナイの広さは特筆ものですね。


リージェンシーオンビーチウォーク、ここも広いですね


ヴィラオンイートンスクエア


ダイヤモンドヘッドビスタ、ラナイから見る景色は最高です


シャトーワイキキ


アルーアワイキキ


イリカイアパートビルディング


トレードウィンズプラザ、これはちょっと小さめのラナイですね
こうしたバルコニーの事を米国ではラナイと呼びます。
ただ、すべての物件にラナイが付いている訳ではないのです・・・
ワイキキは1960年〜1980年位に建てられた物件が多く、ラナイ付きの物件も多くございます。
しかし、ワイキキでは、騒音、風の強さなどもあり、ラナイの向きによっては、快適とは言えない事もある様で、


こうしてラナイをふさいでお部屋にしているお部屋も見かけます。
折角のラナイですが、ラナイを塞いだ方が快適な場合もあるんですね。

2000年代に入って変わるラナイ事情

比較的新しいコンドミニアムは全体的に、快適&高級感を追い求める様になりました。
2006年竣工のコンドミニアム、高級コンドミニアムホクアなどはこの様にラナイは小さめになってます。




目の前がアラモアナ大通りという理由もあるかも知れませんね。
お次は、ホクアの裏に建つ、コオラニです。コオラニもラナイ自体は小さいですね。




更に新しい2016年竣工のコンドミニアム、シンフォニーホノルルも、実は小さいのです。




ラナイは小さいですけど、ガラス面が非常に多いお陰で、リビングに居ても外の景色を充分楽しめる事が出来ます。
ラナイを小さくした分、壁少なくして、その壁の代わりに、強化ガラスに置き換えて、開放感を演出しているという手法になっているのでしょうか。
ラナイは小さいですが、気持ちよさはあります。

逆進化!?のコンドミニアムラナイ事情

風が強い、建築コストの削減、管理費の削減など、ラナイが小さくなった、または無くなった理由もあるのかも知れませんが、縮小傾向のラナイの中で、反対に進化した物件もあります。
それは、パークレーンアラモアナという最高級ラグジュアリーコンドミニアムと言われている物件。
このパークレーンアラモアナは、ラナイも一際大きく、なんとバーベキューも出来る仕様になって、より進化しています。




ここまで来ると理想的ですね!

デザイン性を重視しつつ、ラナイ的な楽しみも狙う!?

ここ数年に販売された新築物件は、その「外観のデザイン」にもこだわりを持つ建物が増えました。
特にハワード・ヒューズコーポレーションが手がける、ワードビレッジと呼ばれるプロジェクトがそうです。
例えば、
ワイエアという物件の外観は






同時期に販売された、アナハの外観は






かなり斬新なデザインです。
アエオはまだ完成しておりませんが、シンプルな外観も素敵な感じです


この中では、ワイエアだけはラナイが付いているユニットが多いのです。
同じ最高級ラグジュアリーコンドミニアムとして張り合う、パークレーンアラモアナとは、コンセプトが異なりますがどちらも素敵な物件ですね。
一方、アナハは、大変特徴的な建物デザインをしている為か、ラナイは潔く削ってます。
とは言え、これだの高級コンドミニアムですが購入される方には、ラナイが欲しい・・・
というニーズもあり、それを汲み取るために、お部屋にはラナイの機能をしっかりもたせているのです!!
見た目は、全面ガラス張りで開放感がありますが、


ラナイはありそうには見えません。。。
いえいえ、あるんです。
天井まで届きそうな、大きなガラス戸を開くと・・・


こんな感じです!
そして顔を出すと・・・


こうです!!
凄いです。
このラナイでの楽しみ方は、窓際にソファや椅子を置いて、リビングの一角をラナイと見立てて快適に過ごす事が可能です。
そしてお次は、まだ販売中の最新コンドミニアムのアエオのラナイ。
※記事は2017/11/29現在の状況元に書かれてます。
これまた変わってます。
完成予想CGがこちらですが、この付き出た部分がラナイの役割を持つのです。


実際の現地は、この様な作りですが


この付き出たところが、パカッと内側に引いて開く/span>ことが出来ます。


すると、今までリビングの一部だった場所にラナイが登場です!
この様に、ラナイも、ハワイの気候、お客様のニーズを汲み取りながら進化を遂げているのです!!

ラナイを超えたラナイ!!?

そんな最新コンドミニアム事情でも、一風変わったラナイもあります。
それは、The Collectionと呼ばれる、竣工したてのコンドミニアムです。
物件としては、高層コンドミニアムですが、実はこのコレクションという物件、高層タワー棟の他に




一戸建てとコンドミニアムの良さをミックスした、タウンホームというカテゴリがあります。


玄関は1階にあり、建物はメゾネットタイプで室内に階段があります。


3階建てなのですが、実は、3階から更に上に屋上がついていて、合計4階分の階段を、息を切らせて登ると・・・
そこには


踊り場的な、スペースがあり、ちょっとしたスペースに、ミニキッチンまでついてます。
ここ自体も、お部屋に出来ちゃいそうですが。
この部分から、表に出る事が出来ます。
すると、この屋上全体が


ラナイになってます!!
というか、もうこれはラナイを超えて、ルーフバルコニーと言った感じですね!!


ハワイではルーフラナイとか呼ぶのでしょうか・・・それはよく分かりませんが


この日は天気が悪かったので写真の写りは良くありませんが、天気が良い日は気持ちいいかも知れませんね!!
遠くにダイヤモンドヘッドも見えます。
夕方から友人を集めて、このバルコニーでバーベキューをしながら週末を過ごすなんていうスタイルも楽しそうですね。
ちなみに、このタウンホーム、まだ売り物です!!
気になる方はお気軽にお問い合わせください。
さて、今回は、ラナイについいて書いてみましたが、皆様のラナイで楽しむハワイライフのイメージではどんなイメージですか?
お気軽にご希望を頂ければ、それに合う物件をご紹介致しますので、是非、お気軽にお問い合わせください!!
それではマハロ!!!

ハワイ不動産のキホン!が詰まったら資料をプレゼント

ハワイ不動産投資らぼがまとめた、最新ハワイのマーケット情報から手続きの基本や物件選びの基本を網羅した資料をお問い合わせ頂きました方に差し上げております。資料のみのご提供でも構いませんのでお気軽にお問い合わせ下さい

https://ask.hawaii.tokyo/guide

お問い合わせ

ハワイ不動産に関する、マーケット情報、日本の税務関連、物件情報、基本情報など、お気軽にご相談下さい
オンライン面談を通じてハワイのお話をさせて頂きます。
https://ask.hawaii.tokyo

ハワイ不動産投資らぼ 管理人新井朋也

免責事項:不動産投資については、投資リスク等があり、必ずしも利益等を保証するものではありません。
※ハワイ不動産投資らぼはハワイ不動産マーケット情報を発信しているサイトです。実際の契約手続き等は株式会社ファミリーコーポレーションウエルスマネジメント事業部を窓口として米国ハワイ州の不動産免許を取得しているファミリーインターナショナルリアルティLLCが行います。(RB-21657)
※税効果については必ず専門家の意見をお聞き下さい
※固定遺産税は毎年評価見直しがございます。

関連記事一覧